Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

滝沢カレン、神田伯山への尊敬と“お願い” 44歳上の高田文夫氏と軽快トーク

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 モデルでタレントの滝沢カレン(28)が、19日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(月~金 前11:30)に出演。講談師の神田伯山(37)とテレビ朝日系バラエティー番組『伯山カレンの反省だ!!』(毎週土曜 深0:05)で共演している滝沢だが、この日の放送では『反省だ』にまつわる話題で、パーソナリティーの高田文夫氏(72)と軽快なトークを繰り広げた。 【全身ショット】大人スタイルで笑顔を見せた滝沢カレン  登場前から「一緒に伯山さんの悪口言いましょう」と盛り上がっていたという滝沢だが、ちょっとしたワードを聞き逃さずに拾っていく高田氏に「ツッコミが素早くですね」と感嘆の声。『反省だ』で、伯山と共演すると聞いた時の感想について「誰にも言ってないんですけど、最初は『本当にやめてくれ』と思いました(笑)。誰かもうひとり仲間がほしいって。最初は、何を言っても噛み合わなかったし(笑)、ひとりずつの番組をたまたま一緒にしちゃったみたいな気持ちになっちゃって」と率直に打ち明けた。  滝沢は続けて「でも、講談を見てから変わりました。あの日から変わった。あの女性の声をやる時とか、本当に感動してしまいました。その人への尊敬が見えた時って、なんだかやっていけるじゃないですか(笑)。それで、今はドンドン仲良くなって『この人はこんなことを言っているけど、講談があるんだ』って。きっと外では頑張っているって」と力説。高田氏が「(『反省だ』も)外なんだよ」と笑いながらツッコミを入れた。  高田氏が「あの番組、なんかあったら(花田)優一なんだよな。もう2人で相撲取っちゃえ」と番組を見ているからこそのコメントを寄せると、滝沢も「すごい!」と感激。滝沢は「伯山さんって、ものまね・変顔・ダンス・歌、何もやってくれないんです。私ばっかりやっているので。2人分をひとりでやっているんです」と訴えていた。  番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。

【関連記事】