Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あれはゴルフ人生でもっとも賛否のあった一打でした」藤田寛之が語るジャンボとの一騎打ち“2002年の全日空”の記憶

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

1992年にプロテスト合格を果たし、翌93年から今日に至るまで、国内男子ツアーで活躍を続けるベテランプロ、藤田寛之。長くプロゴルファー人生を歩んできた藤田に、普段はなかなか聞けない過去のエピソードを語ってもらった。 藤田寛之のドライバー連続写真はコチラから

「怒ってもスコアは戻ってこない」(藤田)

――藤田プロと言えば試合中も常に冷静沈着という印象ですが、それは昔から? 藤田寛之(以下藤田):昔からそうですね。(思考が)インにインに入っていくタイプなので。チーム芹澤のネクラです(笑)。 ――プレー中に怒ったことってないんですか? 藤田:それが意外に、怒るんですよ。今ではイライラしても自分の中にしまうようになったんですが、昔は見えないところでクラブを叩きつけたりしてしまっていました。(師匠の)芹澤信雄プロにも「あんまり良くないよ」と指摘されていたんですけど、ある出来事があってもうやめにしようと思ったんです。 ――その出来事とは? 藤田:だいぶ前かなもう。30代前半くらいのときに、あるトーナメントで短いパットを外したんです。その日は全然(パットが)入らなくてイライラしていて。パットが終わったあと、グリーンサイドに置いてあったキャディバッグに向かって、持っていたパターを投げてしまったんです。そうしたらその先にいたギャラリーさんの足元までパターが飛んで行ってしまって。幸い、誰にも当たることはなかったんですが、そのときにパットを外してイライラしていた心が急に冷静になって、“これはやっちゃダメだ”と。それからは怒りを自分の中にしまうようになりました。 ――プレーが上手くいかずにイライラしてしまうアマチュアの方も多いと思います。自分を制するためのコツってなにかあるんでしょうか? 藤田:まず、当然ですが起こってしまったことはもうどうしようもないんです。だからそれに気を取られるよりも「次のショットでベストを尽くそう」と気持ちをスパッと切り替える。それしかないと思います。ホールアウト後も「あのときこうしていれば」と引きずらずに次(の試合)に注力することです。 ――怒りをコントロールすることで、スコアにも影響はありましたか? 藤田:僕自身、怒りを表に出さなくなっただけで、怒りをコントロールすることはできていないのかもしれません。でも、怒ってもスコアは戻ってこないし、そんな精神状態のままプレーしていてもその先に良いプレーは出てこないですから。

【関連記事】