Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

感染者を出す可能性は「常にある」。主催大会で感染拡大のジョコビッチへの盲目的な批判は無意味

配信

REAL SPORTS

6月23日、男子テニスの世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)の新型コロナウイルス感染を公表した。世界的なアスリートの感染というだけでも大きなニュースだが、この感染がジョコビッチ主催の慈善大会で「感染クラスター」が発生した結果だったこと、大会に参加した複数のトップ選手やスタッフにも感染者を出したことは、スポーツ界全体に大きな衝撃を与えた。 感染防止対策が不十分だったと伝えられ、感染した選手たちがナイトクラブで騒ぐ様子がSNSに流出したこと、大会前からジョコビッチがウイルスの脅威を軽視するような発言をしていたことで、大会の運営のあり方、ジョコビッチ自身にまで批判が及んでいるが、事はそう単純ではない。「テニス大会でのクラスター発生」は、プロスポーツの再開への不安、コロナ禍のリスク管理の難しさ、課題を突きつけることになった。 (文=大塚一樹)

ジョコビッチ主催のチャリティーマッチで発生した“感染クラスター”

はじまりはグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)の陽性反応だった。 テニス界のスター選手、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催したツアーの2週目、クロアチア随一の観光地、サダルで行われた試合でボルナ・チョリッチ(クロアチア)と対戦したディミトロフは、敗戦後に体調不良を訴えて大会をキャンセル。翌日、本拠にしているフランス・モナコに戻って受けた検査で新型コロナウイルス感染が判明した。 ディミトロフの体調不良を受けて大会は即座に中止、ディミトロフと対戦したチョリッチをはじめ、大会に参加した選手、関係者が検査を受けることとなった。 チョリッチの検査結果は残念ながら陽性。さらにディミトロフ、チョリッチのコーチ、トレーナーなどのチームスタッフ、参加選手であるビクトル・トロイツキ(セルビア)とその妻も検査で陽性反応となった。 23日、ツアーを提唱した張本人であり、全豪・全仏・全英・全米すべてを制するキャリアグランドスラム達成者にして歴代3位、17回の4大大会制覇など、テニス界を代表するスーパースターであるジョコビッチと妻・エレナの陽性が公表されると、大会期間中に“感染クラスター”を発生させたこのツアーは、スポーツイベント再開の「悪い例」として多くの批判を浴びることとなった。 この点については多くのメディアが言及しているため詳細は省くが、観客を入れて開催されたにもかかわらず、大会を通して感染予防策がほとんど行われなかったこと、選手たちは試合後の握手やハグをこれまでと同じように行い、感染リスクに対する意識が恐ろしく低かったことが伝えられている。 加えてツアー1週目の開催地、ベオグラードで、ジョコビッチやディミトロフを含む参加選手たちがナイトクラブでパーティーに興じている様子がSNSで拡散されたことが火に油を注ぎ、テニス界からも「不用意」「早すぎた」という批判の声があがっている。

【関連記事】