Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江戸の面影そのままに――明治時代の庶民のヒーロー「消防組」とは何か

配信

アーバン ライフ メトロ

明治の錦絵で振り返る「消防組」

 2020年春、新型コロナウイルスの感染拡大により多くの美術館・博物館で展覧会の延期や中止が発表されました。神奈川県立歴史博物館(横浜市)で4月25日(土)より開催予定だった特別展「明治錦絵 × 大正新版画」も中止となった展覧会のひとつです。 【コロナと芸術】文化・芸術分野への「公的支援」に賛成? 意識調査の結果を見る  同展は、明治・大正時代の木版画、いわば「ポスト浮世絵」とも言うべき作品群を紹介する展覧会でした。今回の展覧会を心待ちにしていた人も多く、展覧会中止の報に多くのファンが肩を落としました。  本稿では、同展に出品予定であった「新発見」資料の中から、江戸の町火消(まちびけし)の面影を残す明治時代の「消防組」の姿をご紹介します。

「最後の浮世絵師」が描いた明治の火消

 新発見の作品をご紹介する前に、まずはひとつ作品をご覧ください。  同作品が描かれたのは、1876(明治9)年。描いたのは幕末から明治期に活躍し「最後の浮世絵師」と呼ばれた月岡芳年(1839~1892年)です。140年以上前とは思えない、現代の漫画家やイラストレーターに近い感性を抱きませんか?  作品には、火消組の旗印である纏(まとい)を持つ、精悍(せいかん)な消防組の姿が描かれています。これは江戸時代以来の木版画の技術で制作された「錦絵(多色刷の木版画)」で、おそらく当時、一定数量が制作・販売されたものと考えられます。

全国を数字で整理しようとした明治初期

「各大区纏鑑(かくだいくまといかがみ)」と題されたこの作品には、1871(明治4)年に施行された「大区小区制」という地方制度と、翌1872年に行われた町火消から消防組への改組の歴史を見ることができます。 「大区小区制」とは、各府県の下に大区を設け、さらにその下に小区を置いて、数字で行政区画を表示する地方制度でした。  東京府(現在の東京都)では、はじめ六つの大区を設け、その下に97の小区が置かれました。作品の中の「第一大区」とは、皇居の東方、神田・日本橋・京橋エリアのことを指しています。

「町火消」から「消防組」へ

 そして時代劇などでご存じの方も多いと思いますが、江戸時代、江戸には「いろは48組」と「深川16組」の町火消が存在し、火災時には消火活動を行い、平時から町の治安維持に貢献していました。町火消は組ごとにそろいのはんてんを着て、それぞれの組のシンボルである纏を大切にしていました。  明治時代を迎え、町火消は「消防組」に改組し、64組あった火消組は39組となり、人数も約4分の1に減りました。時代とともに、江戸の町火消の姿は徐々に消えていくことになりますが、この「各大区纏鑑」に描かれた彼らは、おのおのの組の纏を手に、とても誇らしげです。

【関連記事】