Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

がんゲノム医療はパネル検査から全ゲノム解析へ

配信

LIMO

本記事の3つのポイント

 ・ 厚生労働省ではがんゲノム医療の推進を目指し、全国12カ所の病院をがんゲノム中核拠点病院に指定  ・ 国内のゲノム研究の大きな貢献を果たしているのが、ヒトゲノム解析センターのスパコン「SHIROKANE」  ・ がんの情報は増え続け、さらに臨床試験の数も大きく増えており、AIを活用する場面が増えている この記事の写真を見る  厚生労働省は、がんゲノム医療を推進しようと2018年2月、がんゲノム中核拠点病院として、北海道大学病院、東北大学病院、国立がん研究センター東病院、慶應義塾大学病院、国立がん研究センター中央病院、東京大学医学部附属病院、名古屋大学医学部附属病院、京都大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院、岡山大学病院、九州大学病院の計11カ所を指定し、20年4月に静岡県立静岡がんセンターを追加した。  これら中核拠点病院のほか、遺伝子解析結果を検討する専門家の委員会を開催できるなどの基準を満たしたがんゲノム医療拠点病院が33カ所、さらに、中核拠点病院や拠点病院と協力して、がんゲノム医療の提供や患者の窓口となる161カ所のゲノム医療連携病院も指定している。  中核拠点病院、拠点病院、連携病院では最適な治療法の選択肢の1つとして、また、標準治療(外科手術、放射線治療、化学療法)の対象外となったがん患者との治療法の発見を目指してゲノム医療に取り組んでいる。

2種類のパネル検査が保険適用

 採取した病理は、中核拠点病院を介して国立がん研究センターのオンコパネルシステムないし、中外製薬が展開するファウンデーション・メディシン社(米国)のがんゲノムプロファイルでパネル検査を受けて、その解析結果から中核拠点病院の医師および連携病院の担当医師が治療法を探す。両パネル検査は19年6月に保険適用となり、さらに、東京大学附属病院および大阪大学附属病院でも、先端医療の枠組みで保険適用を目指した臨床での評価を進めている。  こうして普及し始めているパネルシークエンスは、おおむね数百個の遺伝子を対象としたゲノム解析のみにとどまっているが、並行して、各国では全ゲノムシークエンスに取り組んでいる。日本では、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター(宮野悟センター長)がスパコン「SHIROKANE」を駆使し、日本トップのがんゲノム研究の成果を生み出している。  2020年2月26日、医療と介護の総合展(大阪)の医療IT EXPO基調講演「がんの個別化ゲノム医療にAIとスーパーコンピュータが必要な訳」が行われた。当日は、センター長でがんゲノム研究の第一人者である宮野悟教授が急用で登壇できず、代わりに同センターの研究に参加し、現在は愛知県がんセンターのシステム解析学分野の分野長で、がんゲノム医療センターの副センター長である山口類氏が講演を行った。

【関連記事】

最終更新:
LIMO