Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高口康太/中国現地ルポ「経済大崩壊」が日本を襲う〈中国エレクトロニクスの聖地を襲ったショックは超弩級! 〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン

「謎の病気が流行している」。1月初旬、広東省深圳市を訪問していた私はこんなニュースを目にした。湖北省武漢市で謎の病気が発生している。ただし、発症するのは野生動物を食べた人だけでヒト-ヒト感染(人間から人間への感染)は起きていない――確かそんな内容だった。  中国は2002年から翌年にかけて流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の際、情報隠ぺいにより感染を拡大させた過去がある。大丈夫という言葉を鵜呑みにはできない……などと中国の友人と話したが、とりたてて対策はしなかった。旧正月前の浮かれたムードが漂う街をそぞろ歩き、ホールに数百人が蝟集した忘年会に出席するなど、警戒感はゼロだった。この時点で「謎の感染病」への注意が喚起されていたら、おそらく歴史は変わったはずだ。  私が帰国して約10日が過ぎた1月20日、一気に状況が変わった。ヒト-ヒト感染すると説明が180度変わり、習近平国家主席が全力で対策すべしと重要指示を発表した。23日には1100万人の人口を持つ武漢市全域の出入りを禁止する「封城」(都市封鎖)を実施した。おそらく人類史上、最大数の隔離である。後に封鎖区域は人口5800万人の湖北省全域に拡大される。  湖北省以外の地域も「重大突発公共衛生事件一級響応」を発令した。検問や医療施設を設けるために民間財産を徴発する権限を地方自治体に与える、いわば医療戒厳令だ。これに基づき、中国全土で各地に検問が設けられ、発熱している者を捜し出すなど厳しい警戒態勢が敷かれた。住宅団地や農村では封鎖式管理が実施された。居住者以外の立ち入りを禁じ、農村では村境は自警団が立ち、よそ者を追い払うといった、中世さながらの光景が展開された。重要指示からわずか2週間で、ジェットコースターのような変化である。

本文:7,022文字

写真:4

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

高口 康太/文藝春秋 2020年4月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます