Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画『シリアにて』:留まるべきか、出るべきか、命懸けの二者択一を迫られるとき

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
nippon.com

松本 卓也(ニッポンドットコム)

空からはロシア軍戦闘機の爆撃が、建物を一歩出ればスナイパーの銃撃が待っている内戦下のシリア。閉じ込められたマンションの一室で、愛する者の命を守るために、人はどんな行動をとるのか。ベルリン国際映画祭をはじめ、世界で計18冠に輝いた衝撃作がついに日本で公開。

1974年以来、世界中から数々の名作を発掘し、上映してきた日本のミニシアターの草分け、岩波ホールが9月26日から来年2月5日まで、4カ月間の大規模な工事に入る。休館前の最後に上映される作品がこの『シリアにて』だ。 2017年のベルリン国際映画祭パノラマ部門で観客賞を受賞し、45カ国以上で上映され、獲得した賞は少なくとも18を数える。本国ベルギーでは、アカデミー賞に当たるマグリット賞で作品賞、監督賞、脚本賞など6冠に輝いた。 監督は、ベルギー人のフィリップ・ヴァン・レウ。これまで20年以上にわたり、フランスやベルギーの名匠たちの下で撮影監督を務めてきた。09年にルワンダのジェノサイドを題材にした『Le Jour ou Dieu est parti en voyage』(神が旅立った日、日本未公開)で監督デビューし、これが2作目となる。 『シリアにて』公開初日のあいさつに立った岩波ホール支配人の岩波律子氏が、監督の言葉として紹介したのは、「戦争映画ではなく、戦争についての映画」という表現だった。 確かに、戦争の恐怖をまざまざと伝える映画でありながら、戦闘のシーンはまったく出てこない。それどころか、マンションの一室からカメラが出ることすらない。しかし上空を旋回するヘリコプターの音、遠くから聞こえる爆弾の破裂音や銃声によって、まさに外は戦争中であることが分かる。周りの建物のどこかに、敵の狙撃手が潜んでいる。そのため、いつ始まるかもしれない空爆の危険にさらされながらも、一歩も外へ出ることができないのだ。

【関連記事】