Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「20代のお給料事情」みんなはどれくらいもらってる?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

収入アップを目指す⁈ 20代の転職事情

業界や企業規模によって、給与水準には限りがあります。現在働いている職場の給与に納得がいかない人の中には、「転職をして、高収入を目指そう」と考える人もいるでしょう。ただ、結婚をして家族ができた、年齢を経てしまった、となると、なかなか転職活動も難しくなることが予想されます。「転職をするなら身軽な20代のうちに」と考える人は多いかもしれませんね。 では、ここで、厚生労働省が公表している「令和元年(2019年)上半期雇用動向調査結果の概要」より、年齢階級別の転職入職率と賃金変動状況を確認してみましょう。 2019年1月1日時点の常用労働者数は5045万2500人で、そのうち転職入職者は300万1800人と約6%を占めています。 注3) 転職入職率の算出方法 転職入職率 =転職入職者数÷1月1日現在の常用労働者数 (年齢階級別は6月末日現在の常用労働者数)× 100(%) 女性の転職入職率が高めなのは、結婚や出産などの影響が大きいと考えられますが、そういった影響が少ない男性に絞って見てみると、他の年代に比べて、10~20代の若い世代の転職は多いようです。 なお、転職によって、収入に変動があったかを見る「賃金変動状況」については、おおむね収入増につながっている年代が多いものの、「25~29歳」では、収入増より収入減少となった人のほうが多いという結果が出ています。 前述の業種ごとの平均給与にて「20~24歳」「25~29歳」の間の給与額の伸びが高かった点を考え合わせると、20代後半の転職については、「ここが頑張りどころ」ととどまるか、心機一転、新天地で高収入に挑むか、ちょっと悩ましい…といったところなのかもしれません。

さいごに

多くの人が、はじめて就職を経験し、そして社会人として大きく成長する20代。ただ、収入がいいというだけでは、仕事は長続きしません。「働きやすさ」や「やりがい」といった点も含め、総合的に考えて、自分に合った仕事・職場を選んでいきたいものですね。 【参考】 「就職プロセス調査(2021年卒)『2020年7月1日時点 内定状況』」株式会社リクルートキャリア 「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」厚生労働省 「平成30年(2018年)分民間給与実態統計調査」国税庁長官官房企画課 「令和元年上半期雇用動向調査結果の概要」厚生労働省

LIMO編集部

【関連記事】

最終更新:
LIMO