Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日韓併合110年…併合反対の伊藤博文を悪人と呼び、暗殺者を英雄視する韓国

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

正しい歴史を学ぶことができず、垂れ流される政府の虚言

 110年前の1910年8月22日――。当時、漢城と呼ばれていたソウルで、日本の寺内正毅・統監と韓国の李完用・総理が「韓国併合ニ関スル条約」に調印し、同月29日、日本が韓国を併合した。110年前の夏のことを

 当時、韓国併合は日本国内で賛否がわかれていた。軍閥は併合を主張し、伊藤博文など文民は反対者が少なくなかった。  19世紀後半の李氏朝鮮では、日本の支援を受けて清国からの独立を求める開化党と清国との従属関係を主張する事大党が対立していた。  朝鮮国王高宗の王妃閔氏を中心とする政権は、日本の支援を受けて開化を進めたが、これに反発した兵士らが1882年7月、日本公使館を襲撃し、日本人軍事顧問や日本公使館員を殺害した。壬午事変である。

 日本が兵を派遣すると、清国も属領保護を名目に軍を派遣し、日清両軍は反乱の鎮圧後も朝鮮に駐留し続けたが、清国は袁世凱を朝鮮国王代理とすることを朝鮮に強要し、朝鮮は清国に従属する度合いを強めていった。  日清戦争が起き、日本が勝利して李氏朝鮮は清国から独立し、1897年、大韓帝国が誕生した。  韓国の学校では、伊藤博文は韓国を併合した悪人で、彼を暗殺した安重根は英雄だと教えている。正しい歴史を学ぶことができない韓国人は政府の虚言を信じるが、伊藤博文は併合に反対していた。  当時、山縣有朋や桂太郎、寺内正毅などの軍閥が併合推進を唱える一方、伊藤博文をはじめ、文民のなかには併合反対を唱える人が少なくなかった。  伊藤博文はロシアの南下を危惧していた。欧米列強が日本に軍を派遣しても、到達までに時間がかかり、日本は迎え撃つ時間を持つことができる。  実際、日露戦争は1905年5月27日から28日の日本海海戦が日本の勝利を決定づけたが、バルチック艦隊と呼ばれている第2太平洋艦隊は1904年10月、第3艦隊は05年2月にロシアを出航して日本に向かった。日本海軍は迎え撃つ準備を進める時間があった。

【関連記事】