Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<広瀬アリス&すず>息ぴったりの“アドリブ”話題!実の姉妹が紡いだ家族のドラマ

配信

ザテレビジョン

新型コロナウイルス感染拡大の影響下、テレビドラマの現場でも新たな動きが続々と始まっている。5月30日には坂元裕二脚本の“リモートドラマ”「Living」(第1夜:5月30日[土]、第2夜:6月6日[土]夜11:30-0:00)が放送され、本物の姉妹・広瀬アリス&広瀬すずによる会話劇が話題を呼んだ。(※以下、ネタバレがあります) 【写真を見る】ドラマ初共演!広瀬アリス&すず、キュートな2SHOT ■ 絶滅危惧の姉妹、揺れる乙女心 「Living」は、とある奇才小説家が奇想天外な4組の家族を創作する、という設定で描かれる物語。1話15分×4本のオムニバス形式で描かれる。第1話~第4話の全話を通して、小説家役で阿部サダヲ、小説家を叱咤激励するドングリの声役で壇蜜が出演する。 トップバッターは、広瀬アリスと広瀬すず姉妹による第1話「ネアンデルタール」。サブタイトル通り、現代を生きるネアンデルタール人の姉妹をアリス&鈴が演じるコメディタッチの会話劇だ。 姉の勅使河原シイ(アリス)と妹の勅使河原クコ(すず)は、絶滅が危惧されるネアンデルタール人。種の保存のためにはネアンデルタール人のパートナーを探さなければならないが、絶滅危惧種のため出会いも少ない。2人の周囲にはコミュニケーション能力に長けたホモサピエンスのオスが多数存在し、2人はそれぞれ“種の保存”と“個人の幸せ”の間で揺れ動く。 狩猟民族らしく肉を切ったり果実をつまんだりしながら、2人の会話は続く。ホモサピエンスの野本くんが気になり「愛は種を越えられると思うよ」と言い切るシイに対し、「ねえわかってる?私たちは私たちの種を保存する義務と責任があるんだよ?」とネアンデルタール人であることにストイックなクコ。だが結局、クコにも気になるホモサピエンスのオスがいるのだ。 ■ じゃれ合うアリス&すずに反響!! 生物としての究極の選択に直面する2人の会話劇を、ドラマ初共演だというアリス&すず姉妹が軽快なテンポで演じる同エピソード。まるで2人の素の日常をのぞくような打ち解けた雰囲気のやり取りに、視聴者からは「なにこれ奇跡の共演!!」「アリスちゃんとすずちゃんがホモサピエンスとネアンデルタールの違いについて延々話してて楽しい!これ永遠に見てられる」「ふたり、すごく自然にお芝居してる」といった歓喜の声が続々。 シイ(アリス)がクコ(すず)に抱きつく場面では、「アリスちゃんがすずちゃんをむぎゅーってしてるの可愛すぎ!」「すずちゃんに抱きつくアリスちゃん。はぁ眼福…」といった声で沸いた。 アリスは放送後、自身のTwitterで「ハーモニカ辺りからは7割アドリブじゃ!姉妹共演、新鮮で楽しかった!!」とコメント。ファンからは「さすが!」「すごく自然でした」などの感想が寄せられており、視聴者も姉妹共演ならではのドラマを楽しんだようだ。 元来ドラマは架空の設定、人物、ストーリーを俳優が“演じる”ことで成立する。だが、今回のように本物の姉妹が姉妹役を演じることで創作の中に一部リアルが入り込み、作品のテーマ“家族”や“生命”、“種”がよりリアルなものとして迫ってくる。 コロナ禍による制約を逆手にとって生まれた“家族による家族の物語”。それは、ドラマの新たな可能性を拓くものであるとも言えそうだ。 リモートドラマ「Living」第1話と永山瑛太&永山絢斗が共演した第2話は「NHKプラス」で配信中。6月6日(土)放送の第2夜では、中尾明慶と仲里依紗が共演する第3話、青木崇高と優香(声のみ)が共演する第4話が放送される。(ザテレビジョン)

【関連記事】