Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャンディzooが7周年! ペリカン担当・菅谷夏子「たくさんの方に知ってもらって、好きになってほしい」

配信

ザテレビジョン

“動物園系アイドルユニット”キャンディzooが、5月にデビュー7周年を迎えた。そこで、現在在籍しているメンバーの中で1番先輩となる、4期生のペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)に7周年への思いや、グループの今後などについて語ってもらった。 【写真を見る】かこちゃん(菅谷夏子)、私服姿で“キャンズーポーズ” 2013年5月にステージデビューを果たしたキャンディzoo。その後、メンバーの卒業や加入を経て、2020年1月からはホッキョクグマ担当・仲原芙海(ふーみん)、トラ担当・橋本りょうか(りょうか)、パンダ担当・雅城くるみ(くるみん)、うさぎ担当・叶井みるか(みるか)、フラミンゴ担当・木南むぎ(むぎちゃん)、コアラ担当・妃咲ななか(なあちゃん)、そして菅谷の7人体制で活動している。 ■ キャンディzoo加入当時を振り返る ――まず、7周年を迎えた今のお気持ちをお聞かせください。 グループが7周年ということで、歴史を刻めていけたのが良かったなっていうのが、率直な感想というか気持ちですね。すごい、うれしいなって思います。えへへっ。 ――かこちゃんは加入してから4年半くらいですよね。 はい、そうです。半分はいる感じです。 ――かこちゃんが加入してから約4年半、思い出などを振り返っていただけますか? そうですね、すごい楽しかったなっていう感じですね。7年も続いてるグループなので、メンバーの入れ替わりがすごいあるんですけど。 私も実際入ってから、いろんなメンバーが抜けたし、いっぱい入ってきてくれたしっていう。 何なら、私は加入も卒業も経験してますし。メンバーは変わっても、キャンディzooっていう名前と曲が残ってるのはうれしいですね。あはははっ。 ――かこちゃんが入ったときは8人体制でしたね。 そうです、加入したときは私を入れて8人で、人数はすごい多かったですね。そのとき私は中学1年生で、周りのメンバーもそのくらいの年齢だったので、本当に仲の良いっていうか、お仕事っていう感覚よりは、みんなで楽しくっていうものに近かったのかなって。 でも、そのときもプライドっていうか、完成度を高めようとか、そういう部分は昔からしっかりしてたグループなので、それが今も引き継げててうれしいですね。ははははっ。ごめんなさい、喋るの下手くそで。 ■ 思い出深い5人体制のキャンディzoo ――5人体制の思い出ってありますか? いまだに、ゆぅゆ(片山結愛)とかとも話したりするんですけど、本当に楽しかったです。ただ、楽しいのはもちろんだったんですけど、結構しんどいことも多くて。 知名度を上げるために1日に3本とかライブしたり、休みがほとんどないみたいな状態でやってて、体力がないメンバーが多かったので「つらいね」って言いながらやってました。でも、それがあったからこそ、思い入れがありますね。 私が入ったのが2016年の1月で、半年くらいで5人になって、そこから長い間5人で活動してたので、つらいことを共有できたし。楽しいこととか、趣味とかもみんなで共有してたんですよ。 全員同い年だったっていうのもあって、何もかもみんなで話して。けんかもありましたけど、それほどみんなで何事も話せてた時代だったので、本当に私の中では今でも大切にしたい思い出ですね。 ――私もいまだに5人体制の動画やDVDを見てますよ。 えー、ありがとうございます! そのとき「TSUTAYA O-EAST(東京)でワンマンやります!」みたいな、結構むちゃなことを言われたりしてて。ファンの人も驚いたと思うし、メンバーも驚いてたんですよ。 「新宿BLAZE(東京)でやります」とか、大きい会場でやらせていただいてて。 そのときは大変で「どうやって人集めるの?」とか、そういうことばっかり考えてたんですけど、今思うとそういうのも本当に良い思い出です。たまに会場までの道で話してた内容がふと出てくるくらい、楽しかったなって思いますね。 ――みんな受験生で、そろわないことも多かったですよね。 そうですね。でも、あまりそこの記憶はなくて、5人の楽しいときの記憶ばっかり残ってるんですよ。ただ、ひみちゃん(山本丕見子)と栃木でライブしたのは記憶にあります。栃木の児童施設でやりました。あれはよく覚えてます。 そのくらいですかね。あとは、久々にキャンズーのTwitterを見て、昔を遡っていったら「こういうこと、やってたんだ!?」っていうようなことがあります。 ■ 初めて先輩になり、そして7人体制に… ――その後、仲原さんと橋本さんが加入して、初めて先輩になりましたね。 わりとすぐ怪我して出られなくなって…私は、活動期間が本当に短かったんですよね。ゆぅゆと私は、ほぼ後輩としてキャンディzooにいたので。ゆぅゆは先輩なんですけど、私が入ったときにゆぅゆと本当に接点がなくて、人数が多かったのでゆぅゆも私に対して何かを教えるっていうことが少なかったと思うんですよ。 当時は1期生がいっぱいいて、その子たちに教えてもらうっていう感じだったので、ちゃんと1から教えるっていうのは2人が入ってきたときが初めてだったんです。すごい難しかったし、ゆぅゆと「どうしていいか分からないよね?」みたいなことはありましたね。 お互い人に頼ってきてたんだなって、そのときにすごい思いました。どう教えていいか分からないし、どう接していいのかも難しくて。入ってきたメンバーは敬語を使うじゃないですか。 そこで上下関係があるのが、どうしていいのか私もゆぅゆも分からなくて、すごい悩んでた記憶はあります。あははっ。 ――無事、頼れる先輩になれましたか? なれたんですかね!? 全然分からないですね。なれてたらいいなっていう感じですね。あはははっ。 ――その後、いろいろあって1月から7人体制になりましたが、7人での思い出深い出来事ってありますか? 7人になったばっかりでタイに行ったのは、結構楽しかったです。もちろん、タイに行く前から距離は近くなってたとは思うんですけど、タイで部屋は別々ですけど寝泊りも一緒だったので、一緒にいる時間がすごい多くて、みんなすごく仲良くなれた感じがしました。 飛行機でも新メンバーとずっと話してたので、そこで仲良くなれて、すごい楽しかったなって思います。 ■ 気になるかこちゃんの“おうち時間” ――最近の“おうち時間”はどう過ごされていますか? “おうち時間”は…まず朝起きて、朝ごはん食べて、ちょっとゆっくりしたらお昼寝して、えへへっ。で、お昼ご飯食べて、最近また韓国のアイドルにハマり始めちゃったのでずっと動画を見て、たまに1~2時間外を歩いたりして、ちょっと筋トレを始めたので夜に少しやって、寝ます。 ――やっぱり、体もなまってそうですか? だいぶ、なまってると思います。あははっ。私、マンションだから踊ったり、ガタガタする運動ができないので、体力は落ちてるんじゃないかなって思います。 ――ライブ再開に当たって、心配なのは体力面ですかね。 でも、ライブへのモチベーションは上がってるので、とりあえずは気合いで当分乗り切れるかなって。あははっ。楽しさで乗り切って、1カ月くらいやったら体力も戻るかなって思ってます。 ――気軽に外出できるようになったら、何かやりたいことはありますか? もちろんライブやりたいっていうのはあるんですけど、プライベートでいうとお友達と遊びたくて。私、基本的にお友達と連絡取らないんですよ。 なんですけど、こうなってからあんまり会話しない友達と遊びにいこうねって、手当たり次第に話してて。今遊びの約束をしてる子がいっぱいいるので、遊びたいです。 ――かこちゃんたちJKは「遊びにいく」っていうと、どんなことをするんですか? 私はご飯食べに行って、ずっと喋ってるっていう感じですかね。気付いたら2~3時間喋ってるっていう。あと、今はみんなディズニー行きたいって言ってます。えへへへっ。 ■ 新体制で迎える8年目の目標 ――キャンディzoo8年目を新体制で迎えるにあたって、かこちゃんが考えるグループとしての目標、そしてメンバーとしての目標はありますか? グループとしては、成長したいです!! もっと大きい会場でライブしたいっていうのは思ってることですし、もっとキャンディzooを好きになってくれる人が増えてほしいっていうのは、メンバー全員が思ってることなので。 満足は絶対にすることはないと思うんですけど、本当に今よりもっともっとたくさんの方に知ってほしいですし、知った上で好きになってもらいたいなって思ってます。 新体制が始まって2カ月くらい活動した後にライブができないっていう状態になっちゃって、まだまだ知られてないと思うので、いろんな人に知ってもらって、楽しいって思ってもらえる8年目にしたいなって思います。 ――キャンディzooのかこちゃんとして、個人的な目標はどうでしょうか? メンバーとしては、私自身のことでいうとライブが良いって言っていただけるので、やっぱそこはこれからを磨いていきたいですね。 ――プライベートではどうですか? もちろん遊びたいっていうのはあるんですけど、どっちかっていうと今はお仕事を充実させたいなって思います。 ――では、最後にキャンディzooに会いたがっているファンの皆さんにメッセージをお願いします。 こういう状況なのでライブもできないですし、直接会えない日々が続いてて、私たちメンバーもですけど、ファンの皆さんも会いたいなとか思っててくれてると思うので、私たち自身ファンの方の安全は大事にしたいので…難しいな、何て言うんだろう。 安全にライブができる日まで、今は辛抱していただきたいなと思ってます。その間、私たち自身もYouTubeやテレビ電話、Only Fiveとか、TikTokやり始めたメンバーもいて、今できることを自分たちなりに頑張ってると思うので、そういうコンテンツを楽しんで、見守っていただけたらいいなって思ってます。 でも、アイドルはライブですから、やりたい気持ちは全員あって。なので、ライブができる日まで、今はみんなで一緒に頑張っていきたいなと思ってます。みんなで一緒に頑張りましょう! えへへっ。(ザテレビジョン)

【関連記事】