Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

外出自粛期間だけど投票は行かないと!【3】目黒区長選は、現職と新人の三つ巴の戦い

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

4月12日に告示された目黒区長選には、立憲民主・共産・社民・地域政党「生活者ネットワーク」が推薦する新人の山本紘子(やまもと・ひろこ)氏(43)、日本維新の会で新人の田淵正文(たぶち・まさふみ)氏(61)、自民・公明が推薦する現職の青木英二(あおき・えいじ)氏(65)の3名が立候補しました。投開票は4月19日に行われます。 今回は青木区政の是非、子育て支援策、災害対策などが争点と考えられます。

生命、財産、幸せを守り続けるため、スピード感ある区政を。新人 山本紘子氏

山本氏は広島県広島市出身、埼玉大学卒業、東洋大学院公民連携学修士修了。現在は東京工業大学院環境社会理工学部博士課程後期に在籍しています。外資金融企業にITエンジニアとして務め、結婚後に健康管理士の資格を取得しました。2015年の目黒区議選に初当選、2019年に再選しました。 山本氏は自らのホームページにて政策「3つの約束」を公表しています。 ◎つながる区長へ -LINEで双方向の情報発信を- LINEを通じて情報発信をするために、目黒区のLINE 公式アカウントを開設し、区政情報から災害時の緊急情報まで総合的に発信します。リアルタイムに区民の声を受け取れる双方向性もLINE のメリットであり、各種行政手続きにも活用できます。もちろん、スマホを持たない人に対する配慮、そして情報発信をLINEのみに頼ることのリスクにも対処し、持ち寄りランチ会など懇談の場も作ります。 ◎児童虐待ゼロのまちへ -ゆるふわサポートから 児童相談所まで- 虐待を芽から摘むためには、さりげなく相談でき自然に寄り添える、ゆるふわサポートから、最後の砦となるゲートキーパー的な役割まで担える、一貫した体制が必要と考えます。そこで身近な児童館や図書館に、子ども家庭支援センターを組み込んでいき、それらの拠点としての児童相談所を設置します。 ◎学校給食の無償化へ -目黒区からスタートを!- 子どもたちが安心して目黒区の美味しい給食を食べられるように、学校給食の無償化をスタートさせます。既に全国80の自治体で実施しており、首都圏においては目黒区が先陣を切りたいと思います。無償化によって、未納問題や学校現場での集金業務にまつわる無用な事務負担を取り除けるうえ、子育て家庭にとっては年間約5万円の負担軽減となり、大きな少子化対策にもなります。 ・情報公開を大切に、新型コロナウイルス対策に全力を尽くします。 ・広島市との自治体連携強化で、目黒区で平和学習を進めます。 ・高齢者の笑顔があふれる長寿・健康・生きがいの街づくりを進めます。 ・認知症トラブルに備え、目黒区が個人賠償責任保険を契約します。 ・障害がある人もない人も、地域で共に生きる社会を目指します。 ・都市型災害に備えて、防災・減災対策を迅速に実行します。 ・ペットは家族。災害時に一緒に避難できる体制を整備します。 ・起業支援を進め、気軽に使えるワークステーションをつくります。 ・都の助成に加え、目黒区独自の不妊治療助成を復活させます。 ・世田谷区・渋谷区に続き同性パートナーシップ制度を創設します。 ほか

【関連記事】