Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

光秀が吐露した本能寺の変に至る重大伏線。そして、帰蝶はまさか退場してしまったのか疑惑【麒麟がくる 満喫リポート】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

怒涛の展開を見せる『麒麟がくる』後半戦。還俗した足利義昭(演・滝藤賢一)が越前敦賀にたどり着く。前週に義昭は将軍の器ではないとしていた光秀だが、義昭の思いに触れて心変わりする。そして、光秀から本能寺の変に至る重大な台詞が発せられた。 * * * ライターI(以下I):前週まで僧体だった覚慶(演・滝藤賢一)が朝倉義景(演・ユースケ・サンタマリア)を頼って越前敦賀までたどり着きました。 編集者A(以下A):髪の毛も伸びましたね。還俗はしましたが、元服はまだという状況で、この時の名乗りは義秋(後に義昭に改名/以下義昭で統一)。甲賀の和田氏宅に入る様子は先週描かれましたが、越前にたどり着くまでには、矢島御所(現滋賀県守山市)に滞在したり、将軍継承への道はすんなりいかなかった。 I:蝶の羽に蟻が群がる様子を観察する姿が目を引きました。オープニングの〈資料提供〉欄には時代考証の小和田哲男先生のご子息小和田泰経さんとともに吉澤樹理さんの名前がありました。蟻の研究者としては著名な方。わざわざそのような方の指導を受けてあの場面を撮影したんですね。 A:義昭が〈私は蟻だ。将軍という大きな羽は一人では運べん。しかし助けがあれば〉という話をしていましたね。そのエピソードを展開するために蟻の研究者まで動員するとは、さすが日本放送協会ですね。 I:そういえば、信長(演・染谷将太)がかつて義父の斎藤道三(演・本木雅弘)が居城としていた稲葉山城の主になりました。 A:ようやく美濃攻略がなったんですね。そのことを解説するために登場したのが稲葉良通(演・村田雄浩)でした。〈龍興さまでは美濃は収まらぬ。肝が小さいのじゃ。何事も一人で決められぬゆえ、我らは振り回されてばかり〉と光秀に心情を吐露しました。 I:土岐家から離反して道三に付き、その後は道三を裏切り義龍(演・伊藤英明)に付き、今度は龍興を裏切る……。世渡り上手なんでしょうね。 A:そう。まさに世渡り上手。外孫の春日局は徳川三代将軍家光の乳母ですし、良通の子孫は複数の家で大名として存続します。光秀や足利義昭、朝倉氏や浅井氏、柴田勝家など、多くの登場人物が滅亡する中で、戦国の荒波をうまく渡り切った稲葉良通は、たいしたものだと思います。やはりしたたかでなければ生き残れないですよね。 I:今週は、光秀の母牧(演・石川さゆり)が美濃に戻ったり、美濃を平定した信長に挨拶に行くなど、光秀は大忙しでした。 A:気になったのは、帰蝶(演・川口春奈)が清須にいるという設定で登場しないことです。前半戦に〈女軍師〉の如くに活躍していただけに、ちょっと寂しい感じがします。 I:帰蝶の不在を聞いた光秀の〈そうですか。それは残念〉という台詞があっさり過ぎてなんだか不安です。このまま帰蝶が退場ということはないですよね? A:さすがに退場はないと思いますが、いわれてみると心配ですね。

【関連記事】