Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

韓国で不思議な現象、大金持ちがSNSに動画投稿

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
JBpress

 最近、韓国では有名になったユーチューバーたちの謝罪映像をよく見かける。  特に、今問題になっているのは、有名ユーチューバーたちの「裏広告」である。  「裏広告」とは、自腹で買った商品をレビューする形で商品を紹介しているが、実は裏で広告料をもらっていることを指す。  SNSで紹介されている商品をユーチューバーが説明する通りに鵜呑みにする方も方だと思うが、彼らが自腹で商品を買っていると思い込んでいる人が多いのには驚かされる。  いずれにせよ、彼らを信じていた人々の落胆ぶりは激しく、化けの皮がはがれたユーチューバーたちは、ほとんどが黒のスーツを着て神妙そうにカメラに向かって謝罪をしている。  これが発端となって、これまで「金持ちキャラ」でチャンネル登録者数を増やしていた人たちもどんどん裏広告疑惑が表沙汰になり始めた。  例えば、車を紹介するチャンネルで最近登録者数を増やし、ついに人気のテレビ番組にまで出演したユーチューバー夫婦。  彼らは、テスラの初期投資家、済州ビール(Beer)のオーナー兼CEO(最高経営責任者)などと誤解されるような言動をしていた。  ところが、それらがほとんど嘘だったことがばれて、ネット民にこれでもかと言うほど嘘を暴かれ、今ではそのアカウントは閉じた状態となった。  また、ある皮膚科の医者の場合。

 高級タワーマンション、高級スポーツカーのオーナー、韓牛おまかせの店、化粧品会社のオーナーなどであることを自慢していた。  実は、これも裏広告による投稿だったことが明らかになり、謝罪映像を流す羽目となった。  こうした事件が続いたことから、韓国では「本当の金持ちはSNSなどしないんだよね」といった事情通らしき人たちの発言が多く聞かれるようになった。  「だって、ある程度は羨ましがられても、度が過ぎると絶対に恨まれる。金持ちは恨まれるのを一番気にするでしょう・・・」というわけである。  ところが、である。「金持ち喧嘩せず」のたとえなどものともせず、ネットで叩かれることも承知なのか、最近韓国の財閥の中には、SNSにご執心な方たちが出てきた。  正真正銘の財閥インフルエンサーたちである。  まず、一番目立った活動をしているのは、新世界グループのチョン・ヨンジン副会長(現会長は実母)である。  チョン副会長は、長身の爽やかなイメージをアピールする。元奥さんがトップ女優だったこともあり、一般的によく知られる人物である。  以前の記事でも紹介したが、サムスン電子のイ・ジェヨン(李在鎔)副会長とは同年代の従弟同士である。  チョン副会長は、昨年インスタグラムを開設し、40万5000人(8月20日現在)のフォロワーを抱えている。

【関連記事】