Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ロレックス】通信 No.059|実機を見た!2020年新作“オイスター パーペチュアル”のターコイズブルー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウオッチライフニュース

 10年ぶりに人気のサブマリーナーがモデルチェンジを果たしたロレックスの2020年新作。にもかかわらず発表直後にSNS上で話題になっていたのは、今回同じくモデルチェンジされた通称“オイパペ”こと“オイスター パーペチュアル(以降オイパペ)”だった。  その話題の中心になっていたのは、ロレックスらしからぬ派手めの色が採用されたカラフルな文字盤だ。そしてタイミングがよければすでに正規店で買えるのだろう、そんなカラフルなオイパペの写真がかなり早い段階からSNS上に数多く投稿された。  ということで今回は、そんなオイパペをいち早く手に入れたという時計愛好家の“くろのぴーす”氏に実機を見せていただいた。その感想を簡単に書きたいと思う。  その前にまずオイパペについてさらっと触れておきたい。当連載のNo.55でも取り上げているが、ロレックスが展開するコレクションのなかで、最もベーシックなモデルで、どちらかというとビギナー向けエントリーモデルという位置付けだ。

 オイパペにはもともとノンデイトのオイスター パーペチュアルとデイト付きのオイスター パーペチュアル デイトの2種類があり、2000年代前半まではケース径が34mmと小振りだった。ちょうどデカ厚ブームの時代だったこともあって、セールス的に苦戦したのかはわからないが、デイトは継続されたもののノンデイトタイプだけが一度ディスコンになってしまったのである。それが08年に36mmにサイズアップ(デイト付きは34mmのまま)されて復活。15年からは36mmに加えて34mmと39mmが新たに加わったという流れだ。  そして今回、新たに発表されたデイト機能の装備しないCal.3230がサブマリーナーに搭載されたことで、同じくデイト表示のないオイスター パーペチュアルも、その新型ムーヴメントへの移行に伴うモデルチェンジが実施されたと思われる。なお、ずっと生産されてきたもう一方のオイスター パーペチュアル デイトは、今回生産終了となりノンデイトに一本化された。  ただ、残念なことにメンズラインとして、日本人にちょうどよかった39mmが41 mmにサイズアップされて登場。メンズラインは41mmと36mmとなった。ちなみに、ほかに34mm、31mm、28mmと全部で五つのサイズがあるが、Cal.3230を搭載するのはサイズ41と36だけである。

【関連記事】