Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デイリーポータルZのバズるコンテンツ企画術は「高カロリー」「芋」「楽しそう」がキーワード

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Web担当者Forum

オウンドメディアの運用において、多くの人が頭を悩ませることの一つがコンテンツの企画だ。オンラインで行われた「Web担当者Forum ミーティング 2020 春」に、18年の長期にわたって平日は毎日記事を公開し続けているデイリーポータルZの林雄司編集長が登壇。 これまで公開してきた記事から、バズる企画、コケる企画の傾向について語った。  

月間来訪者の8割が新規読者だが、PVの7割はリピーター読者

デイリーポータルZは、2002年に開設以来、読んで役に立つことよりも、読むことの楽しさを追求しているウェブサイトだ。現在は毎日3本、年間約1,000本の記事を公開している。そんなデイリーポータルZのサイトは、月間訪問者200万人のうち8割が新規訪問者だが、PVの7割はリピーターが支えているという。 リピーターが多いデイリーポータルZのこだわりの一つが、ライターの記名と顔出しだ。記事中でも、個人的な体験や感覚を前面に出し、写真にはライター本人が登場するようにしている。その理由について、林氏は以下のように語った。 ┌────────── バズった記事をきっかけに初めて来訪した人は、どのサイトに来たか意識していない人がほとんど。しかし何度か来ているうちに、ライターを認識するようになる。4月のクラス替えで区別がつかなかったクラスメイトが6月くらいになるとわかるようになってくる感覚に近い(林氏) └────────── つまり、バズる記事で新規読者を集め、読者が何度かサイトに来ているうちにライターの顔を認識して、ライターや媒体に対して親しみを持ってもらって有料会員になっていくというフローを想定している。 そして、デイリーポータルZはPV向上を第一の目的にしていないという。1日に公開する記事3本のうち、1本は読む前からおもしろいことがわかるバズ狙いの記事。あとの2本は読んでみればおもしろいリピーター向けの記事だ。 PVにこだわらない理由は、収益構造にある。デイリーポータルZはB2Bの記事広告が収益の6割を占めるため、PV数で稼ぐ必要がなく、独自性を打ち出すことの方を重視しているのだという。そして、PVがライターの原稿料に影響することもない。「モチベーションを下げないよう、PVを気にせず書きたいものを書いてもらっている」と林氏は語った。