Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

都心から約1000km 小笠原諸島が「日本領」となるまでの苦難の歴史とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

東京都から離れること約1000km

 父島、母島、聟(むこ)島、硫黄列島からなる小笠原諸島は東京都の中心から南南東に約1000km離れていますが、所属は東京都で、住所は東京都小笠原村です。 【幕末~昭和】父島と母島の「原風景」を見る  1000km離れているというのは、南なら鹿児島県の種子島、北なら北海道の美深町あたり。このような比較をするだけでも、東京都の範囲がいかに広いかということがわかります  そんな小笠原諸島は、江戸時代から、日本はもとより欧米でも存在が確認されていましたが、長らく定住者はいませんでした。しかし19世紀になって欧米で捕鯨が盛んになると、寄港地として重要視されるようになります。

島に入植した国際色豊かな30人

 初めて入植を試みたのはアメリカ人のナサニエル・セイヴァリーとその一行で、1830(文政13)年のことです。  セイヴァリーはマサチューセッツ州の出身で船員として働いていましたが、けがをしてホノルルで下船、治療を受けていました。そこでイギリスが小笠原諸島への入植を計画していると聞き、参加を決意。当初の入植者は欧米出身者が5人、ハワイなどの太平洋諸島出身者が25人でした。  入植者の主な産業は、島で育てた野菜や家畜を売るといった、捕鯨船相手の商売でした。当初はイタリア生まれのマテオ・マザロが移民のリーダーでしたが、数年で島を去り、セイヴァリーがまとめ役となりました。

アメリカ、イギリス、日本が領有権を主張

 1853(嘉永6)年、アメリカ海軍のマシュー・ペリーは日本来港の途中に父島に立ち寄り、セイヴァリーをアメリカ政府の代理人として、小笠原諸島の領有を宣言します。  これは当時の国際法に準拠すると問題ない行為でした。なぜなら、大原則は「早い者勝ち」だったからです。  まず海の上に領海というものがあり……という考え方が常識になるのは20世紀後半から。それまで島は、最初に見つけた人が自分の出身国でなくとも、「自分の領土だ」と宣言したら認められそうな空気すらありました。海外には、そうして自分の国を築いた人も実際にいます。しかし、大抵はうまくいきませんでした。  このまま小笠原諸島はアメリカ領になるところでしたが、当時同じく領有を狙っていたイギリスが待ったをかけます。そして、長らく島の存在を認知していた江戸幕府も領有を主張します。  1862(文久2)年には軍艦・咸臨丸(かんりんまる)で外国奉行の水野忠徳と小笠原島開拓御用の小花作助を派遣し、住民たちの同意を得て日本領であることを宣言しました。  しかし一筋縄ではいきません。なにしろ諸外国が「わが国が最初に見つけた」「領有を宣言したのはこちらが先だ」と言い出したのです。真偽は不明ですが、幕府は「大昔に放ったニワトリが住んでいるからわれわれの島だ」と主張したとも言われています。

【関連記事】