Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本の「EVバス」導入は中国がダメなら韓国! 公共輸送機関が「海外製」だらけになる恐れ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

電動化に積極的な中国は公共交通機関などでの普及が進む

 日本ではHEV(ハイブリッド)車の普及についてはめざましいものがあるが、PHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(純電気自動車)となると、遅々として普及が進まないと言っていいような状況となっているだろう。 【写真】バスマニアが好んで座る「オタシート」!  世界的にはBEVの普及にめざましいものがある中国でも、一般乗用車レベルでは思うように進まず、バスやタクシー、ライドシェア車などで積極的に普及させているのが現状。いまは少し縮小したが、じゃぶじゃぶと補助金をだして普及を図ったが、当の中央政府の若手エリート官僚の間からも、「補助金で釣っても普及効果は限定的だ」との声もあると聞いたことがある。  一般乗用車まで巻き込んでのBEV普及はなかなか厳しい面もあり、中国に限らず、新興国なども含む多くの国々では公共輸送機関から車両電動化(おもにBEV)を進めようとしている。  世界的に見ても日本は車両電動化では完全に出遅れている。しかも、公共輸送機関からBEV化しようとしても、とくにバス車両では日系メーカーでの実用化には相当の時間を要するほど出遅れている。タクシー車両もトヨタJPNタクシーはLPガスHEVなので、とりあえず“電動車”には入るものの、BEVとなるとやはり、日系ブランドでは早期の実用化はほぼ不可能となっている。  そこで注目されているのが、中国のメーカー。路線バスではすでにBYDの車両を国内でも導入している事業者もあり、BYD以外のメーカーも本格的に日本で販売していこうと動き出している。政界でもBEVバスの国内での積極的な導入について注目する動きが出ており、「中国メーカー車での普及もやむなし」というような話も出ていたのだが……。「ここへきて少し雲行きが変わってきました。中国メーカー製バスの導入にはリスクが大きいという話が出てきたのです」とは、業界事情通。

日本企業での開発が進まないかぎり国内での普及は難しい

 事情通によると、いまは良好ともいえる日中関係であるが、米中関係が悪化の一途をたどっており、日中でも尖閣など問題が山積み。それらの動き次第では、中国との対立が先鋭化する可能性がここのところ高まってきた。つまり、中国製バス導入後、日中関係の悪化により補修パーツなどの手配が滞る(中国政府が出荷を禁ずるなど)可能性も考慮しなければならないとなったようなのだ。つまり、“安全保障上の理由”から中国製バスの導入は慎重に考えるべきではないかとなったというのである。  とはいうものの、日系メーカーでは、人手(開発陣など)は足りないし、お金も時間もかかるので頼ることはできない。韓国ヒュンダイ自動車は電動バスの開発およびラインアップに積極的であるし、現に内燃機関車であるが観光バスを日本国内で販売しており現実味がある。「政治レベルでは冷え込んでいるものの、中国ほど懸念材料はない」との声も聞かれる。ただ、いずれにしろ中国製バスに頼れないとしても、どのみち海外メーカーに依存しないと国内での公共輸送機関のBEV化は難しい状況となっている。  事情通は、「このままいけば、将来的にはバスだけではなく、タクシーも含めて日本の公共輸送機関の大半は海外メーカー車となってしまうのも、俄然現実味を帯びてきた」と語ってくれた。“もの作り大国日本”が着々と崩壊していっているのも現実である。

小林敦志

【関連記事】