Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アイデアマスク」がズラリ(北海道)

配信

STVニュース北海道

STVニュース北海道

新型コロナウイルスのためキャンセルなどの影響を受けた北海道釧路市内のギャラリーが、マスクの展示会を始めました。全国から個性的なマスクが集まるなど反響を呼んでいます。 ヒマワリを丁寧に刺繍したマスクやアイヌ文様がデザインされたマスクがズラリ。ユニークな展示会が開いているのは、釧路の「おたのしけギャラリー」です。新型コロナで予定していた展示会のキャンセルが相次いだことから、沈んだ空気を明るくしたいと思いついたといいます。 おたのしけギャラリー 山田優子さん 「(手作り)マスクをマチやテレビで見てかわいいと家族で話していて、楽しい気持ちを客と共有したくて」 6月にSNSなどで募集すると全国からおよそ200枚のマスクや写真が寄せられました。地元の景色を描いたマスクや釧路湿原が描かれたマスクを広げるとタンチョウが現れるものもあります。 出品した女性 「楽しく過ごせるようなマスクをきっかけにコミュニケーションが取れたらおもしろい」 こうしたマスクは簡単に作れるのでしょうか。友人と一緒に、展示会に出品した釧路市に住む田嶋幸子さんはこう話します。 田嶋幸子さん 「外に出られなくなって家にいて、チクチク縫っているのがよかった」 使わなくなったハンカチや衣類など余った生地を材料で、左右の生地を真ん中で縫い合わせると形が良く呼吸も楽になるといいます。 田嶋幸子さん 「普段お世話になっている人にあげて喜ばれると、自分が作ったマスクをしてくれているとうれしい」 以前は注目されることがほとんどなかったマスク。いまは楽しむ動きが広がっています。