Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

38年、愛され続ける優しい味 テークアウトの大満足ランチをお店で 千葉市

配信

ちばとぴ!ニュース

◆出会いはテークアウトでした

ちばとぴ!グルメ部とは…千葉のおいしい!をレポートしていくチャンネルです。 2020年春以降、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、グルメ部員も昼食はテークアウト。 そんなある日、たまたま出会ってしまったJR本千葉駅前「創作家庭料理 居酒屋バンバン」のお弁当のおいしさに感動し、緊急事態宣言が解除されたら「お店で食べよう!」と心に誓っていました。 長いことお店での飲食をためらう日々が続きましたが、3密を避け、ソーシャルディスタンスを保ちながら念願のランチをいただこうと出かけてみました。 本千葉駅前で38年、多くの皆さんに愛され続ける優しい味と再会です! 看板に描かれたお母さんの笑顔が反映されたおいしさに、期待が高まります。

◆間違いない!「バンバン御膳」

まずはお弁当でいただいた、お店の看板メニュー3品「秘伝の卵焼き」「じゃがいものそぼろ煮」「骨まで食べられるさんまの梅煮」が網羅されている「バンバン御膳」。 野菜とタンパク質がたっぷりとれる具だくさん感がサイコーです。1本売りも大好評だという卵焼きは、だしが染みててほんわかしたおいしさ。 じゃがいものそぼろ煮は、ほんのりバター風味でホクホクのじゃがいもが脳内を幸せいっぱいに。さんまの梅煮は、主張しすぎない梅風味でご飯とベストマッチ! まさしく、大満足ランチです。

◆卵がきらめく「とろとろ卵のオムライス&デミグラスソース」

続いては「とろとろ卵のオムライス&デミグラスソースデミグラスソース」。 誰がどう見てもおいしいでしょ、という絶品のデミグラスソースが縁取ります。きらめくふわふわ卵の下には、しっかり硬めのご飯がケチャップでなくデミグラスソース味。サラダも付いてます。 問答無用に大満足、洋食バンザ~イ!なおいしさです。このオムライスにチーズやハンバーグを添えたメニューもあるので、いつか制覇してみたいですね。

◆夏に負けるな!「焼肉丼」

最後に5月に登場したばかりの「焼肉丼」。 ピリ辛の自家製ダレで仕込んだうまみたっぷりの豚肉を、直火で香ばしく焼き上げています。見た目よりさらにボリューム感があり、風味豊かでご飯がどんどん進みます。 切り干し大根のキムチが添えられていて、味のアクセントに。スタミナ注入もばっちり、梅雨の蒸し暑さを難なく乗り切れそうです。 ランチは全てスープ付きです。 住所=千葉市中央区長洲1―23―1エスカイア本千葉第二1F 電話=043(224)2830 営業時間=午前11時30分~午後2時、午後5時~午後11時(土曜はディナーのみ)、日曜、祝日定休

【関連記事】