Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スタートアップイベント「女性アナウンサー9人登用」リリースに物議。「全員若い女性」の何が問題なのか?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

国内最大級のスタートアップイベント「Infinity Ventures Summit 2020(IVS2020)」が、7月30日と31日に開催するオンラインカンファレンスで大手芸能事務所「セント・フォース」の女性アナウンサー計9名を司会(メインモデレーター)に登用するというプレスリリースを打ち出し、一部SNS上で物議を醸している。 【全画像をみる】スタートアップイベント「女性アナウンサー9人登用」リリースに物議。「全員若い女性」の何が問題なのか?

「なぜ若い女性しかいないのか」

女性リーダー比率の低さが浮き彫りになる中、スタートアップイベント「IVS2020」が出したリリースは「司会9人が全員女性」というもの。スタートアップの経営者らが集うイベントながら、発表された進行役がオール若い女性という内容に、SNSでは「女性=補佐役というステレオタイプの再強化」「ここは何時代?」などと波紋を呼んでいる。 7月、政府は掲げていた「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%程度にする」という目標を断念し、達成期限を先送りすることが相次ぎ、報じられた。報道によると、新たな目標時期は「30年までの可能な限り早期」という、あいまいなものになるという。 2019年に世界経済フォーラム(WEF)が発表した「男女格差(ジェンダーギャップ)指数」でも、日本は男女の所得格差や政治家・経営者の数などが影響し、過去最低の121位になっている(153カ国中)。 ジェンダー問題に詳しいジャーナリストの治部れんげさんは「(封建的な組織が少なくない)大企業ですらジェンダーバランスに配慮している昨今、このリリースに『なぜ若い女性しかいないのか?』という異論がなかったということに、まず驚く」と語る。 「登壇している個々人の能力とは関係なく『司会が全員、若い女性』となれば、女性性をある種の“アイコン”として出しているように見えます。ここに男性が数名入っていたらこうは言われていないはず。そうした見せ方こそが、彼女たちの能力を貶めているのです」 似た例として、治部さんは神奈川県が女性活躍のために取り組んでいる「かながわ女性の活躍応援団」のウェブサイト上に掲載されていた画像(現在は差し替えられている)を挙げる。 「あの画像も、写っている一人ひとりは女性活躍に真摯に取り組んでいたのだと思いますが、あの画を見るとやはり『えっ、なんで男性だけ?』と言われてしまう」

【関連記事】