Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

頭を何度もゴツン、ゴツン…碧山と宝富士の激しい攻防に視聴者大興奮「レスリングみたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<大相撲秋場所>◇六日目◇18日◇東京・両国国技館  前頭七枚目・碧山(春日野)と前頭五枚目・宝富士(伊勢ヶ濱)の一番で、互いに頭を何度もぶつけ合う白熱した攻防が展開され、視聴者から「レスリングみたい」「パワー勝負」といった声が殺到した。 【映像】激しい攻防の様子  立ち合いで引いた碧山に対して宝富士が落ち着いてついていくと、両者は土俵中央で何度も頭をぶつけ合うレスリングのような体勢に。再度碧山が引き、激しい突っ張りを繰り出すものの、宝富士はこれも持ち堪え、またもや互いに頭をつけながら組み合った。碧山が鋭い蹴手繰りで宝富士のバランスを崩すと、土俵際ですくい投げを決めて3勝目を挙げた。一方、敗れた宝富士は2敗目を喫した。  ABEMAで解説を務めた元関脇・豊ノ島の井筒親方は、取組を振り返りながら「(宝富士は)立ち合いからの流れは悪くなかったですけど、つねに距離を取られていましたよね。宝富士としては左を差してまわしが欲しいところです」「最後は足が一歩出なかったので、蹴手繰りが効いたのかもしれません」と宝富士の敗因を分析した。  格闘技さながらの白熱した取組に、視聴者からは「レスリングみたい」「パワー勝負」「蹴り使えるのか!碧山」「3回もひいたw」などといった興奮の声が続々と寄せられた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【関連記事】