Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ポッドキャストに投資する魅力はあるが、収益化は未知数」 : ポッドキャスト 評論家のニック・クア氏

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

米国でポッドキャストが主流のメディアになっているかどうかを尋ねるのは、メジャーリーグサッカーについて同じ質問をするようなものだ。どちらも20年以上成長を続けているが、ほかのメディアやスポーツと比べればまだ規模は小さい。 ポッドキャストの場合、2019年の広告収入は前年より50%近く多い7億800万ドル(約749億円)だったと、インタラクティブ広告協議会(Interactive Advertising Bureau:IAB)とPwCは7月に公開したレポートで報告している。また2020年には、コロナ危機によりリスナーの数が一時的に減ったにもかかわらず、さらに15%近く増える見込みだという。 だが、テレビと比べればまだはるかに少ない金額だ。メディアエージェンシーのグループエム(GroupM)が最近発表した予測によれば、従来型テレビの広告収入は減少傾向とはいえまだかなりの金額で、2020年には610億ドル(約6兆4544億円)になるという。 さらに、ポッドキャストは「収益化と実際のエンゲージメントのあいだにまだ相当大きな開きがある」と、業界ニュースレターの「ホット・ポッド(Hot Pod)」を手がけ、LAイスト・スタジオ(LAist Studios)のポッドキャスト「サーバント・オブ・ポッド(Servant of Pod)」でホストも務めるニック・クア氏は指摘する。 それでも、企業が多額の投資をしたくなるだけの魅力がポッドキャスト業界にあることは、すでに証明されている。「この6年間に資本が流入し始め、さまざまなレガシー企業がポッドキャスト市場で自社のポジションを確立するようになった」とクア氏は語る。 この6年の始まりとなったのは、犯罪ドキュメンタリーのポッドキャスト「シリアル(Serial)」が、人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ(Saturday Night Live)」でパロディにされるほどメインストリームに広く受け入れられたことだった。なお、シリアルの制作チームはニューヨーク・タイムズ・カンパニー(The New York Times Company)に買収されることが先ごろ発表されている。 クア氏は米DIGIDAYのポッドキャストでこの買収について触れたほか、Spotify(スポティファイ)による最近の積極的な投資(人気ポッドキャスト配信者のジョー・ローガン氏と1億ドル[約106億円]の独占配信契約を結んだことなど)について語った。また、サブスクリプションモデルの有料ポッドキャストが成り立つ可能性についても話をした。 以下はインタビューの内容を要約し、読みやすく編集したものだ。 Subscribe: Apple Podcasts | Stitcher | Google Play | Spotify

【関連記事】