Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カローラ&カローラツーリングに限定車が2種類登場 カローラ初搭載のエンジンも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

トヨタ自動車は5月13日、「カローラ」ならびに「カローラツーリング」に限定車を設定し、発表した。カローラ/カローラツーリングに設定される「G-X“PLUS”」は、装備を充実させつつ、価格を抑えたお買い得モデル。さらに、カローラツーリングには、日本ではカローラシリーズ初搭載となる2リッターダイナミックフォースエンジンを搭載した「“2000 Limited”」も設定される。 【写真をもっと見る(27枚)】 注目の「カローラツーリング“2000 Limited”」(写真1-19)から見ていこう。カローラツーリングにはこれまで1.2リッターガソリンターボ(116ps)、1.8リッターガソリン(140ps)、1.8リッターハイブリッド(122ps)の3つのパワーユニットが設定されていたが、限定車は2リッターガソリンエンジンを初搭載する。トヨタの新たなクルマづくりの哲学TNGAに基づき開発された、“ダイナミックフォース”のサブネームが与えられたこのエンジンは、熱効率を高めることで出力を高めつつ、燃費に優れた新世代エンジンとなる。スペックは最高出力170ps、最大トルク202Nmで、シリーズ最高のパワーを得る一方、パドルシフト付き10速スポーツシーケンシャルシフトマチック「ダイレクトシフト-CVT」の組み合わせにより、燃費は16.6km/L(WLTCモード)を実現。ちなみにこのM20A-FKSエンジンは、スペックは多少異なるが「RAV4」や「レクサスUX」にも搭載されている。 なおカローラツーリング“2000 Limited”には、このほか、切削光輝処理とブラック塗装を組み合わせた17インチアルミホイールや、シルバー塗装のルーフレールが採用され、エクステリアがスタイリッシュに演出されている。 また内装も撥水機能を持つ、上級ファブリックスポーツシートをはじめ、シートヒーター、ステアリングヒーター、ナノイーを特別装備。さらにインパネやセンタークラスターにレッド加飾が施され、上質感が高められている。新エンジン搭載による走りに加え、装備も自慢の限定車といえそうだ。カローラツーリング“2000 Limited”の価格は、262万0200円。6月1日より500台限定での販売となる。 もう一台の限定車「カローラ/カローラツーリング G-X“PLUS”」(写真20-28)は、G-XならびにハイブリッドG-Xをベースに、装備を充実したモデル。インテリジェントクリアランスソナー〔パーキングサポートブレーキ〕やバックガイドモニターなどの安全装備に加え、UVカット機能付きのプライバシーガラスを特別装備している。 内装には、メーターまわりやステアリングホイールなどにシルバー加飾を施し、レジスターノブ(エアコン吹き出し口のノブ)にサテンメッキ処理を施すなど、上質感が高められている。 一方、価格はベース車に対して3万6300円安に設定され、お買い得感が高められている。こちらは5月13日の発売となる。 カローラ ・G-X“PLUS”・2WD:197万2300円 ・ハイブリッド G-X“PLUS”・2WD:243万9800円 ・ハイブリッド G-X“PLUS”・4WD:263万7800円 カローラツーリング ・G-X“PLUS”・2WD:204万9300円 ・ハイブリッド G-X“PLUS”・2WD:251万6800円 ・ハイブリッド G-X“PLUS”・4WD:271万4800円

株式会社カービュー

【関連記事】