Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ねえグーグル、おとぎ話をして」 84歳のおばあちゃんが、ITで楽しむひとり暮らし

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

世界最高齢アプリ開発者として注目を浴びる、84歳の「マーチャン」こと若宮正子さんは、新しいことをどんどん始めています。普段はどんなふうにITを活用しているのか、ご自宅を訪ねました。【BuzzFeed Japan / 小林明子】 【画像】女の子たちへ、愛をこめて 「ねえグーグル、なぞなぞを出してください」 「わかりました」 ひとり暮らしの部屋に、会話が響く。部屋の主、84歳の若宮正子さんの呼びかけに、AIスピーカーが応えているのだ。 82歳のときにシニア向けのゲームアプリ「hinadan」を開発し、米アップルの開発者イベントWWDCに招待された若宮正子さん。世界最高齢アプリ開発者として注目を集め、「マーチャン」の愛称で親しまれている。 講演や執筆、視察旅行とその報告、シニア向けサイト「メロウ倶楽部」の管理運営......。 世の中で「老後」と呼ばれる年代になってから多忙を極めるマーチャンは、普段の生活ではどのようにITと付き合っているのだろうか。 神奈川県内の主要駅のすぐ近くにある3LDKのマンションを訪ねた。

グーグルにも丁寧語で呼びかける

マーチャンの自宅のリビングは、スマートホーム化されている。 スマートスピーカー「Google Home」と、2019年6月に国内で発売されたスマートディスプレイ「Google Nest Hub」の2台が活躍中だ。 照明、エアコン、テレビ、ロボット掃除機のルンバとつないであり、「OKグーグル」と声をかけて操作する。マーチャンは普段の語り口と同様、グーグルにも丁寧語で呼びかけていた。 「OKグーグル、リビングの明かりを30%にしてください」 「ねえグーグル、お掃除をしてください」 Google Nest Hubは、ディスプレイで写真やYouTubeを見たり、ルーティン機能を使って一連の動作を設定したりすることもできるが、マーチャンの使い方はいたってシンプル。話しかけることと、話しかけて家電を動かすことだけだ。 「私、例外的にすごく忙しいおばあさんなので、写真なんか見ている暇ないんですよ(笑)」

【関連記事】