Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古くなるほど価格が上がる! 待っても買い時がこない「超高値」国産スポーツカー5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

生産が中止になってから再評価されたモデル

 画家のゴッホに作曲家のシューベルト、作家の宮沢賢治をはじめ、生前より死後の方が評価が高まった偉人は少なくない。クルマもしかりで、生産中よりも生産中止になってから、評価や人気が高まったクルマがいくつかある。そんな生産中止になってから輝きを増したクルマを振り返ってみよう。 【画像】新車時よりも価格が高騰した国産車5選(12枚)

1)日産スカイラインGT-R(R34)

 第二世代GT-Rの最後のモデルで、完成度も高く、現役の頃から評価が高かったのでは? と思うかもしれないが、総販売台数は1万1344台。第二世代のスカイラインGT-Rもっとも人気がないといわれるR33GT-Rの総販売台数の1万6435台よりも少ないというのは意外に思う人も多いのではないだろうか。ちなみにR32GT-Rの総販売台数は4万3661台とダントツだ。  R34GT-Rの新車時の価格はベースグレードで504万円、VスペックIIが574万円、Mスペックが595万円、VスペックII Nurが610万円、MスペックNurが630万円だったが、現在の中古車価格の相場は、1600万円という恐ろしい価格……。やっぱり第二世代GT-Rには、みんな強い思い入れがあるのだろう。

2)ホンダS2000

 本田技研工業創立50周年記念として1998年に発表されたオープン2シーターのFRモデル。ホンダにとって29年振りのFR車ということで、シャシーは新開発のハイXボーンフレーム構造を採用。  シャシーはS2000の専用設計で、エンジンもJTCCアコードのレーシングエンジンであるH22A改の公道バージョンを搭載している。9000回転まで回り、NA2リッター直4で250馬力を発生。このエンジンだけでもS2000を買う価値はあると今でも思うほどだ。ミッションも専用設計で非常に贅沢な一台。  ハンドリングも動力性能も抜群で、サーキットを走らせても速かったが、ホンダがハイパワーのFR車を作り慣れていなかったせいか、限界特性はかなりピーキー。オープンカーなのにサーキットユースに力を入れ過ぎた感もあり、国内では10年間で2万台しか売れなかった……。  新車価格は338万円で、上記のような理由が再評価に繋がり、現在の中古車相場は270万円と比較的高めの設定だ。純正パーツの供給が心配ではあるが、今のうちに買っておいても損はしない名車と言える。

【関連記事】