Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ぬるっと…まるで本物!仰天アクセサリー

配信

秋田朝日放送

秋田名物の独特の“ぬめり”も精巧に!

ぬるっと…まるで本物!仰天アクセサリー

色や形はもちろん、独特のぬめりまで再現している本物そっくりなジュンサイのアクセサリーです。 ジュンサイへのあくなき探求心から生まれた繊細できらびやかなジュンサイのブローチを作る女性がいます。 ジュンサイの生産量日本一を誇る三種町のジュンサイ沼です。 今が収穫の最盛期を迎えていて、つるりと輝くジュンサイが次々と摘み取られています。 この三種町の特産ジュンサイの魅力にはまったのが… 昨年度の「三種町ふるさとCM」にも出演している北海道のアクセサリー作家「中村さん」です。 【中村さん】 「食べるのも大好きだが」「あの沼の中から本当にきれいな食べるエメラルドと表現されるものを見つけてつかみ取って引き上げる行為が一番素晴らしいと思う」 素顔は秘密ということですが、中村さんが作るジュンサイのブローチは繊細で本物そっくりです。 中村さんはもともと木を使った造形制作に携わっていて、アクセサリー作りもお手のものです。 ジュンサイの本体は樹脂の粘土でできています。 厚さ1ミリに満たない葉を作り、巻き込むようにして形を整えていきます。 【中村さん】 「本物の葉脈ってよく見ると人間の血管のように繊細でそれがまたジュンサイの立体感のようなものや美しさを演出している」 4、5日かけて、ようやく1つのブローチが完成。 手作りだからこそ色や形はどれも違います。 中村さんは祖父母が秋田出身で幼い頃からジュンサイに馴染みがありました。 2017年には三種町で毎年開かれている「世界じゅんさい摘み採り選手権大会」にも出場し、優勝しました。 【中村さん】 「秋田に住んでいるわけではないので沼が近所にない。いつもジュンサイを見ることができない。ということは自分で作るしかないということで製作を始めた」 ジュンサイへの熱い想いから生まれたこのアクセサリー。 そんな中村さんが作るブローチは本場三種町のジュンサイ加工業者にも認められています。 【加工業者】 「実物を初めて見た時は本当リアルでこのクオリティーでジュンサイのアクセサリーを作れるのかと思ってびっくりした」「これ付けていたらジュンサイついているよってことでジュンサイじゃん!ってたまにある」「中村さんには自分の好きなジュンサイを突き詰めていってほしい」 【中村さん】 「可能性です」「(ジュンサイは)造形的にもデザイン的にも作る意欲を刺激されるところが一番素敵なところで可能性を感じた」「これからもずっと日本に一つの食べられないジュンサイ専門店だと思うので、ジュンサイだけではなく、ジュンサイの周りの沼の風景や生物、あとは舟も含めて造形していきたい」 アクセサリーを通してジュンサイを広めていくとともに中村さん自身、これからもジュンサイへの愛を深めていきます。