Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

憧れの米軍ハウス~代々木・武蔵野・福生・入間~(前編)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

   私が生まれ育った武蔵野には、あちこちに白いペンキの米軍住宅があった。  それは家というよりも「ハウス」と呼ぶのがふさわしい。  小さい頃、ハウスを見かけるたびに「あっちに行きたいなあ」と思った。  白い垣根の向こうには、青々と光る芝生。ブランコやトランポリンが無造作に置かれ、休日にはバーベキューの煙がうまそうな匂いとともにたなびいていた。   「あっちがいい!」と言うと、「あっちはダメ!」と父にとがめられた。  「あっち」とは、どんなところなの? ずっと不思議でならなかった。   私の暮らす「こっち」から覗き見ることしかできない「あっち」。  そこが、米軍基地内で、戦後に建てられた米軍家族住宅、すなわち「ハウス」だったことは、ずっと後になってから知るのだった。   戦後、日本には40万人くらいの米軍が進駐した。  1950年に入ると朝鮮戦争も始まり、米軍の家族用住宅が北海道から沖縄(当時は米国統治下)まで急ピッチで建てられていった。それが「ハウス」の発祥だ。

  ハウスの正式名称は「ディペンデントハウス」。  ディペンデントとはインディペンデントの対義語で依存・扶養という意味。  つまり扶養家族住宅。アメリカ人にとっては西部開拓時代から馴染みのある言葉だそうだ。  1945年8月、ダグラス・マッカーサーはコーンパイプを咥えて厚木飛行場に降り立った。マッカーサー率いるGHQは、日本の民主化を進めながら同時にものすごい早さで日本を米国化しようとしていた。   ここで想像してほしい、空襲で焼け野原になった東京の姿を。   当時、米軍家族が撮影した写真には、国会議事堂を背に瓦礫の山に立ち、テンガロンハットに2丁拳銃を構えスマイルを浮かべた小さな男の子の姿があったりする。   市川崑さんが監督した1954年の映画『億万長者』では、国会議事堂の脇にかまぼこ屋根の軒並みが映っている。  これは、現在の国立劇場と最高裁のあたりにあった米兵宿舎パレスハイツだと言われる。調べると、ゲートの看板がやけにアメリカンでかっこいい写真も残っている。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS