Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホワイトロード 1カ月遅れで開通 岐阜側のみ営業

配信

毎日新聞

 岐阜県白川村と石川県白山市を結ぶ山岳観光道路「白山白川郷ホワイトロード」(全長33・3キロ)が27日、例年より約1カ月遅れで開通した。白川村の馬狩料金所前では、安全祈願祭と開通式典があり、関係者ら約50人が今季の安全を祈願した。  2月に起きた石川県側の土砂崩れの影響で、今年は岐阜県側だけの、馬狩料金所から約10キロの三方岩駐車場までの営業となる。  午前10時の開通前から料金所ゲート前に23台の車が列を作った。開通すると料金所で記念品を受け取り、次々と出発した。岐阜県または石川県側で一番乗り4回目という石川県内灘町の浦島昭栄さん(81)は「石川県側が通行できないのは残念だが、ホワイトロードのファンで、毎年開通を楽しみにしている。来年も一番乗りを目指したい」と話した。  開通できるか心配したというホワイトロード管理事務所の知手(しるて)裕一所長(63)は「周囲の大自然や、三方岩駐車場から約50分で登れる三方岩岳からの360度のパノラマもぜひ楽しんでほしい」と話している。【大竹禎之】

【関連記事】