Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「敵役に夢中になる」背徳感 ザクを作り続けるモデラーの偏愛「愛すべきメカ」

配信

オリコン

 ヒーローを描く作品に必ずと言っていいほど登場するのが名敵役。『ガンダム』で言えば、「ザク」がその存在に当たるだろう。モデラーのMA-SHOP 1971(@Zakumodls)さんは、そんな「ザク」に魅せられたひとり。一体、どんなところに魅力を感じ、作品を作り続けているのだろうか? 【写真】ザクが大気圏に…“ザクモデラー”が完全再現した名シーン「大気圏突入」

■自ら作ったザクのベースキッドを用い、16体のザクを制作

―――作品はザクが多いようですが、なぜザクを作ろうと思われたのですか? 「ザクはガンプラに最初にハマった小学生の時から一貫して好きですね。それまでの勧善懲悪のロボットアニメとは異なり、敵役として悪の記号は盛り込まれつつも抑え気味なデザイン、ミリタリーっぽさを感じさせるいかにも“戦闘機械然”とした雰囲気、デザインを裏切らないストイックな演出と物語、それらすべてにやられてしまいました。『敵役に夢中になる』というやや背徳な部分もある種の興奮倍増効果があったと思います」(MA-SHOP 1971/以下同)         ―――これまでに作られたザクは何体くらい? 「『宇宙世紀』モノであれば、発売されたものの1/4くらいは組んだり完成させたりしてきました。ただし真面目に作り始めたのは10年前から開始した『1/144のザクシリーズ』になります。きっかけは07年にMGシリーズでザクのアップデート版が発売され、そのコンセプトに痺れたのが始まりです。当時ネットモデラーさんによる数々の優れた作品にも大変な刺激を受けました。基本は自身の手で市販のキットを使用し、自分の考える基準となるザクをまとめ上げ、それをベースにバリエーションを作っていこうと考えました。そうやって最初の基準となるザクが出来たのが2011年。2002年発売のHGUCザクをベースキットにすることにしました。現在までに仕事の合間を縫って合計16機のザク及びそのバリエーションを作りました。この間ザク以外のMSを作ったのは2機のみです」         

【関連記事】