Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

秋田ノーザンハピネッツの前田顕蔵、見据えるはBリーグ制覇(前編)「数字じゃないところで人は魅了される」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「数字じゃないところで人は魅了されて、涙を流す」

取材=古後登志夫 構成=鈴木健一郎 写真=©AKITA NORTHERN HAPPINETS、B.LEAGUE 長谷川誠、ペップ(ジョゼップ・クラロス・カナルス)の下でアシスタントコーチを務めた前田顕蔵がヘッドコーチに内部昇格したのは昨夏のこと。これまでのスタイルを継承し、新たな進化を求める上では最適な人選との期待に答え、昨シーズンは19勝22敗と勝ち越しが見えるところまでチームを引き上げた。だが、指揮官の目線はもっともっと上を向いている。「秋田でBリーグ優勝をして、日本代表監督もやりたい」と言い切る彼に、ヘッドコーチとしてのポリシーと目指すべきところを語ってもらった。 ──『バスケット・カウント』でのインタビューは初めてとなります。異色のコーチキャリアですが、プロのコーチになった経緯を教えてください。 もともとコーチをやりたかったわけではなく、ありがちな感じなんですけどプレーするためにアメリカに行って、バスケに携わっていたくて仕事を探して、大阪エヴェッサの運営会社に営業で入ったんです。その前に通訳兼アシスタントコーチで別のチームから話をいただいたんですけど、通訳には興味がなくて断ったんですよ。でもエヴェッサのクリニックを手伝っていた時に、ただ英語がしゃべれるだけでバスケの知識がない人は、バスケの通訳はできないんだと知りました。「これは意外と自分にしかできない仕事なんだな」と通訳に対する考え方が変わったところで、先輩の繋がりで高松が通訳兼アシスタントコーチを探していると聞いて、話を聞きに行ったんです。 そこで練習を見ながら話を聞いていたんですけど、幼稚園の子がバスケットボールを抱えて練習を見学していたんですよ。僕はそれを見て「プロって良いなあ!」と思って、引き受けることを決めました。子供からあこがれられる存在ってプロしかないですよね。僕はもともと子供好きだし、アメリカの大学で試合に出ていた時は、背の低いアジア人の僕を子供が応援してくれていました。アメリカのスクールでバスケを教えていたこともあって、子供にはすごく恩があったんです。僕自身はプロを目指していたわけでもないので、「僕なんて」って気持ちは常にあります。でもこの世界に入って13年目ですから、よくやってますよ(笑)。 ──続けることも一つの才能だし、成果ですよね。続けられた理由としてはどんなことが挙げられますか?  バスケットが好きなのはもちろんありますけど、奥さんの存在が大きいですね。僕の性格をよく知っていて、高松で苦しい思いをしていた時、結果が出なかった時に、背中を押してくれたりとか止めてくれたりとか、常に軌道修正をしてくれています。奥さんがいなかったら道を見失っていたと思うので、ありがたいし感謝しています。子供も含めて家族の存在は本当に大きいです。 あとは周りの人に恵まれました。助けてくれる人が常にいたので。高松時代もクラブの経営が成り立っていなかったので、スタッフも大変だったと思うんですけど、それを理解した上で応援してくれた人たちがいて、そういう繋がりがすごく支えになりました。そういう人たちのおかげでここまで頑張ることができたんだと思います。 正直に言えば、僕はプロの世界が嫌いなんですよ。なぜかと言うと結果でお金が決まり、結果で評価される世界だから。でもスポーツってそこだけじゃなく、数字じゃないところで人は魅了されて、感動して、涙を流すわけじゃないですか。僕はそれを経験してきたし、そこに価値があると思っています。数字ではないところは綺麗事じゃ済まないし、人間が汚くなれるところでもあります。そこでどうやって人は支え合うのかを経験したし、それを長谷川誠さんが見ていてくれたおかげで僕は今こうして秋田にいます。 僕は高松のヘッドコーチになった時に尽誠学園に挨拶に行きました。香川県で一番強いチームの高校生に見てほしいと思ったんですが、監督の色摩(拓也)さんに「あんなバスケを生徒たちに見せたくない」と言われたんです。でも、今でも付き合いがあるんですよね。今回もコロナの時期に電話をくれて、「負けてもヘッドコーチを続けたのを見て、一生この人とは付き合おうと思った」と言ってくれて、すごくうれしかったです。自分がちゃんとした信念を持ってブレずにやっていれば、応援してくれる人が増えていくんだと日々実感しています。僕はいろんな人に大事にしてもらってここまで来ました。だから人を大事にしたいです。

【関連記事】