Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今年最も光ったインディータイトルは!?「センス・オブ・ワンダー・ナイト 2020」をレポート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アスキー

2020年9月25日に配信された「東京ゲームショウ 2020 オンライン」の公式番組「センス・オブ・ワンダー・ナイト 2020」をレポート。ファイナリスト8タイトルのなかから6つのアワードが選ばれた。 【もっと写真を見る】

 2020年9月25日に配信された「東京ゲームショウ 2020 オンライン」の公式番組「センス・オブ・ワンダー・ナイト 2020」のレポートをお届けする。   ■【TGS2020】センス・オブ・ワンダー・ナイト 2020  「センス・オブ・ワンダー ナイト 2020(SOWN2020)」は、"見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがはっと、自分の世界がなにかが変わるような感覚"=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こすようなゲームのアイデアを発掘し、ゲーム開発者に東京ゲームショウ会場でプレゼンテーションと作品紹介の機会を提供する企画。    13回目を迎える今年はオンライン開催ということもあり、各国の開発者とリモートでつながった状態でプレゼンテーションが行なわれた。    MCはゲームジャーナリストの新 清士氏と、テレビジオン代表取締役社長のマサボ・イザベル氏が担当。審査員には神奈川電子技術研究所のisao氏、NPO法人オキュフェスの高橋建滋氏、TSUKUMOの駒形一憲氏、ソニー・インタラクティブエンターテインメントの吉田修平氏などが登壇した。   ノミネートされた8タイトルを紹介   『Infini』 Steamにて1220円で発売中。     『ELEC HEAD』 itch.ioにて体験版を配信中。   SYAKERAKEにて体験版を配信中。     『カニノケンカ -Fight Crab-』 Steamにて1980円で販売中。   Nintendo Switchにて2400円で配信中。     『Nimbatus: The Space Drone Constructor』 Steamにて2050円で配信中。     『First Class Trouble』 Steamにて配信予定。     『Arrog』 Steamにて310円で配信中。     『Trash Sailors』 Steamにて、デモ版が配信中。     『A Space for the Unbound』 Steam/PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switchで来年配信予定 Steamでプロローグを配布中      視聴者がいいと思ったタイトルのときにコメントで「ピコ」と送信すると、のちに賞の1つであるオーディエンスアワードグランプリに選ばれるという形で配信。視聴者も参加している気持ちで楽しむことができた。   Best Experimental Game Award Best Technological Game Award Best Game Design Award Best Arts Award Best Presentation Award   Audience Award GP     文● Zenon/ASCII

【関連記事】