Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ポッドキャストとオーディオブックの違いは? 価格と使いやすさで比較

配信

ライフハッカー[日本版]

オーディオ・エンターテインメントの中で最も人気なのが、ポッドキャストとオーディオブックです。どちらもスマホやPCですぐに利用できますが、この2つの違いが良く分からない人もいるかもしれません。 【全画像をみる】ポッドキャストとオーディオブックの違いは? 価格と使いやすさで比較 そこで、ポッドキャストとオーディオブックの違いについてご説明したいと思います。フォーマット、価格、使いやすさの観点から比較して、どのような場合にどちらを選択すべきかも見ていきましょう。

ポッドキャストとオーディオブックの一般的な定義

ポッドキャストとオーディオブックを詳しく比較する前に、両者の定義から始めます。本質的に、ポッドキャストとオーディオブックはどちらも耳で聴くデジタル・オーディオ・ファイルですが、この説明では簡略し過ぎですよね。 ポッドキャストとは? ポッドキャストは、1人あるいは複数のホストがエピソードを紹介するオーディオ・コンテンツで、ニュースの要約や討論会など、さまざまな形式があります。通常、ポッドキャストは定期的にリリースされ、登録すると新しいエピソードをすぐに聴くことができます。 オーディオブックとは? オーディオブックは、既存のテキスト(通常は書籍)をプロが朗読して録音したものです。 オーディオブックのコンテンツは、ほとんどの場合、非オーディオ形式でも存在しており、同じコンテンツを目で読む代わりに耳で聴く方法を提供するのがオーディオブックです。 ポッドキャストと違って、オーディオブックはエピソードになっておらず、単発製品としてリリースされます。 ポッドキャストのホストが1つのストーリーをいくつかに分割して語ったり、1回のエピソードで複数のショートストーリーを読んだりする場合、オーディオブックと多少重なるところがあるかもしれません。 ポッドキャストとオーディオブックの違いを明確にする他の違いについても見ていきしょう。

コストが安いのはどっち?

オーディオ・エンターテイメントにお金をかけたくない人には、ポッドキャストが向いています。ほとんどのポッドキャストは無料で聴けて、しかも数がとても多いので、無料で楽しめるコンテンツに事欠きません。 もちろん、ポッドキャストのクリエイターも何らかの形でお金を稼ぐ必要があるので、多くのポッドキャストにはスポンサーの広告があちこちに入っています。無料でないコンテンツを聴くときも支払いは少額で済みますし、聴きたくないものは簡単にスキップできます。 ポッドキャストによっては、追加のコンテンツやボーナス・エピソードごとに単発で課金したり、サブスク制にして月会費を請求するものもあります。Patreonはその一例です。 オーディオブックは、コストの点では全く話が違います。本1冊分の内容を録音するとそれなりにコストがかかるので、普通はKindle版や紙の本より値段が高くなります。 世界的に人気を博した『ハリー・ポッターと賢者の石』という書籍を例として見ると、初版本が出た時点でAmazonでは以下のような金額で販売されました。 Kindle版:$8.99(1064円) ハードカバー(単行本):$11.99(1980円) ペーパーバック(文庫本):$6.89(748円)※1─Ⅰ、1─Ⅱに分冊 オーディオブック:$29.99(5100円) これを見ると金額にかなりの差がありますね。オーディオブックをたくさん聴くと、相当お金がかかることになります。

【関連記事】