Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

山崎銀之丞、『半沢直樹』の負けっぷりに称賛の声 尾上松也&南野陽子「魅せられた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 俳優の山崎銀之丞が12日、東京・新国立劇場で開催されたTBS系で放送中の日曜劇場『半沢直樹』(毎週日曜 後9:00)のドラマを応援する人たちへの“感謝の恩返し企画”『感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇「半沢直樹」』に出演した。 【画像】尾上松也×山崎銀之丞のやり取り再び…朗読劇「半沢直樹」の模様  このイベントは、現在放送中のドラマに先駆け、TBSラジオで今年2~3月に放送された『TBSのラジオ オリジナルドラマ「半沢直樹」 敗れし者の物語 by AudioMovie』で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボで実現した“『半沢直樹』の世界観を声で届けるエンターテインメント”に、出演者が生朗読するという“舞台演出”が重なった、オリジナルストーリーの特別企画となる。  山崎は、尾上松也とともに「繰り返される時…」に出演。ITベンチャー「スパイラル」社長の瀬名洋介(松也)と、同社を敵対的買収しようとしたIT大手「電脳雑伎集団」を裏で手助けしようとした広重多加夫(山崎)の話。買収が失敗に終わり、太洋証券をクビになった広重が、職を見つけようとした場所で行った案内所で不思議な職員に時間を巻き戻してもらい、なんとか成功させようとして…、というストーリーだった。  朗読劇後は出演者がトークショーを実施。広重の最後の「待って!」という裏返りながらかすれた声のせりふは、落ちていく人間の象徴だった。松也から「あれは声が本当に枯れていたのか、あえてああいう感じにしたのか。僕はあのシーンで完全に声がおかしくなって何日か出なかった。銀之丞さんは全然、大丈夫だった」と質問されると山崎は「僕は気持ちが上がると、ここ(頭)から出てくるイメージで、ああいう声になった」と明かした。  南野陽子も「あの裏返りで持っていった。魅せられてしまいました」と称賛。松也は「みなさんに現場で見ていただきたかったです。僕は1番、笑いをこらえてました。そのトーンで来るのかとか、動きもコミカルでかわいくて…。1番、印象に残ってるシーンです」と大絶賛だった。  また、広重のシーンはコロナ禍の被害が広がる前に行われたそう。「1話と2話のみの出演なんですけど、ほぼ3月ぐらいには撮り終わっていた。コロナ禍で2ヶ月以上、撮影がストップした。最後は南野さんと会っているという証拠の写真を撮られるシーンだけが残っていた。それをやって終わっていた」と振り返る。「今となっては『半沢直樹』に僕は出ていたんだろうか、と。それすら疑うような感じでございます。遠い昔になってしまった。出ていたという証がほしい」と苦笑いを浮かべていた。  南野陽子×土田英生の「黒い二人の日記帳」も上演。あす13日も開催され、オンラインでも観覧可能。オンライン観覧のチケットは現在も発売中となっている。

【関連記事】