Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

なぜ後を絶たないのか ポスト不足とアカハラが研究不正を常態化

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊東洋経済
なぜ後を絶たないのか ポスト不足とアカハラが研究不正を常態化

所属研究者の不正が発覚し謝罪する、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長(読売新聞/アフロ)

<2018年2月10日号> 「論文に改ざん・捏造があった」。1月22日夜、京都大学iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉)はそう発表し、山中伸弥所長が深々と頭を下げて謝罪した。 論文の著者は同研究所の36歳の特定拠点助教。有期雇用で雇用期限は3月だった。「背景に焦りがあった」とする見方もある。 ■「相手は生き物」が研究不正の温床か?  CiRAには研究の倫理的課題に取り組む部門があり、研究不正を未然に防ぐための実験ノートチェックなども行われてきている。それでも、事件は起こった。

本文:2,232文字

写真:3
  • (写真:週刊東洋経済)
  • 北海道大学での大学院生を対象とした研究倫理ワークショップ

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込110
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

みわ よしこ :フリーランスライター