Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

群馬県の感染者は40代女性の保育士で重症 体調不良後もマスク着用で複数回出勤

配信

ABEMA TIMES

 群馬県内では初となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け7日、山本一太知事が会見を開き感染者は太田市在住の40代女性で、職業は保育士であることを発表した。 【速報】女性は4度も受診していた  今回陽性となったのは群馬県太田市の保育所に勤務する40代女性の保育士。2月27日の木曜日には出勤していたが、この日から体調不良を感じており、翌28日の金曜日はマスクを着用して出勤するも早退している。  その後、体調不良が続いたために29日の土曜日に医療機関Aを受診。3月2日の月曜日はマスクを着用して出勤するも、2時間の勤務の後に再び早退。3日の火曜日に医療機関Bを受診し、自宅療養したが症状は改善せず、咳や息苦しさがあったために6日の金曜日に医療機関Bを再度受診した。  ここで肺炎と診断された女性は帰国者・接触者外来である医療機関Cを受診。新型コロナウイルス感染症疑いと診断され、検体を採取。本日、県の衛生環境研究所で検査をしたところ陽性反応が確認された。  現在、女性は医療機関Cに入院中で重症ということだ。(ANNニュース)

【関連記事】