Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フジ新人・渡邊渚アナ、4代目“もしツアガイド”に就任「夢にも思っていなかった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 フジテレビ新人アナウンサーの渡邊渚が、同局系バラエティー番組『もしもツアーズ』(毎週土曜 後6:30)で、9月5日の放送回より“4代目もしツアガイド”に就任することが決定した。 【写真】女子アナデビューをした佐久間みなみ&渡辺渚  2002年10月よりスタートした同番組では、2010年まで初代の坂下千里子、2011年から17年まで2代目の平愛梨、17年から2020年3月まで3代目の福原遥が担当。キャイ~ンや豪華ゲストとさまざまな場所をめぐり、もしツアガイドとして見どころやオススメのポイントなどを紹介しながら、大いに番組を盛り上げてきた3人のバトンを渡邊アナが受け取り、アナウンサーとして初めて、もしツアガイドを務めることになる。  渡邊アナが初めてもしツアガイドを務める放送回では、ゲストに小林麻耶を迎えて、この春に誕生したばかりの横須賀コースカベイサイドストアーズをめぐる『もしもツアーズ』一行は、オーシャンビューの中、目移りするほど豊富で新鮮な地元の魚介や野菜に大興奮。ほかにはない横須賀ならではのさまざまなグルメや総菜に舌鼓をうち、子どもから大人まで楽しめる次世代のアスレチックにも興じて、横須賀コースカベイサイドストアーズの魅力を余すことなく届ける。  今回の就任を受けて、渡邊アナがコメントを寄せた。 ――4代目もしツアガイドを務めることになり、改めて感想をお願いします。 まさか自分が『もしもツアーズ』の仲間入りができるとは夢にも思っていなかったので、とても驚きました! 幼いころから家族で見ていた番組だったので、もしツアガイドとして携われることが素直にうれしいです! ――収録は、いかがでしたか? 不安でいっぱいだったのですが、出演者の皆さんが暖かく迎えてくださり、緊張も吹き飛びました! カメラが回っていないところでも笑いにあふれている現場で、改めて“もしツア”の仲間入りができて幸せだなと感じました。まだまだ学ぶことがたくさんありますが、少しずつ経験を積んで成長していきたいと思います。ウドさんから“なぎ~”というあだ名も付けていただき、次のロケもとっても楽しみです! ――これから4代目もしツアガイドを務めていくにあたり、意気込みをお願いします。 『もしもツアーズ』初のアナウンサーガイドとして、視聴者の皆さんに情報をしっかりお届けしながら、番組を盛り上げていきたいと思います! 現在、新型コロナウイルスの影響で、外出を控えている方もたくさんいらっしゃいます。番組をご覧いただくことで、少しでもお出かけ気分を味わっていただけるようにお伝えしていきたいです。

【関連記事】