Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮野真守、浦カチで人生最大のチャレンジ!福士蒼汰は「いのうえひでのりの脳みそが欲しい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ステージナタリー

「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』」のオンライン会見「『浦島さん』『カチカチ山』YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」が、昨日9月9日に劇団☆新感線の「新感線YouTubeチャンネル」で配信された。 【写真】「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』」ビジュアル(c)宣伝画:東學(メディアギャラリー他6件) いのうえひでのりが演出する「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』」では、太宰治の小説「お伽草紙」より「浦島さん」と「カチカチ山」が回替わりで上演される。倉持裕の脚色による「浦島さん」には福士蒼汰、羽野晶紀、粟根まこと、青木豪が脚色を担当した「カチカチ山」には宮野真守と井上小百合がキャスティングされた。 昨日配信された「浦カチについて語ってみた」には福士と宮野に加え、司会を務める粟根が出席。3人はそれぞれ“浦島”“狸”“亀”と、自身の役名が書かれたTシャツを着て会見に臨んだ。「劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月」にてWキャストで捨之介を演じた福士と宮野は「久しぶりー!」と手を振り合い、再会を喜ぶ。福士は、宮野と共演予定だった「いのうえ歌舞伎『神州無頼街』」が新型コロナウイルスの影響により2022年に延期となったことに触れ、「今だからこそできることをやって、『神州無頼街』に向けて強固なチームを作っていきたい」と意気込みを語る。粟根から「久しぶりにいのうえさんの演出を受けた感想は?」と尋ねられると、「今、ビシバシ演出を受けている最中で、頭がパンクしそうです(笑)」と告白しつつ、「僕、いのうえさんの脳みそが欲しいです。どうやったらあんなにたくさんのアイデアが出てくるんだろう……いのうえさんが何を考えているのか解析したいですね」と発言し、現場を和ませた。 宮野も、いのうえの演出に言及し、「いのうえさんが演じてみせてくれるお手本って本当に面白いんだよね。いのうえさんのお手本を再現するのは難しいんだけど、なんとか自分の中に落とし込んで、もう一度いのうえさんにプレゼンできたらいいな、と思ってます」とコメント。すると、すかさず粟根が「いのうえひでのりは、2・3秒の演技だったら世界一の演者になれる男。でもね、あれは自分が(舞台に)出ないからできることなんですよ。演出家だから短い時間演技するだけ済んでるけど、あの芝居を舞台上でやる身にもなってほしい!」と毒づいて、福士と宮野を笑わせた。 続いて、宮野が狸を演じる「カチカチ山」の話題へ。宮野は「僕と狸は37歳で、実年齢が一緒」「今までとは違う、井上さんの一面が見られると思います。兎はとんでもなく汚いセリフを発するキャラクターなので……(笑)」とちゃめっ気たっぷりに作品を紹介しつつ、「今回のキーワードは“挑戦”。僕にとって人生最大のチャレンジになると思います」と真剣な表情で述べる。また、「歌って踊って、舞台装置もふんだんに使って……こういう状況(コロナ禍)でも最高のエンタテインメントが作れるということをお見せできる作品になっているので、楽しみに待っていてください」と観客にメッセージを送った。 会見は終始和やかなムードのまま進行し、45分ほどで終了。なお会見では、「浦島さん」で乙姫を演じる羽野、「カチカチ山」で兎を演じる井上のコメント動画も披露された。 公演は10月4日から17日まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で行われ、全公演の模様がPIA LIVE STREAMでライブ配信される。 ■ 「ヴィレッヂプロデュース 2020 Series Another Style『浦島さん』『カチカチ山』」 2020年10月4日(日)~17日(土) 東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場) □ 「浦島さん」 原作:太宰治「お伽草紙」新潮文庫版より 脚色:倉持裕 演出:いのうえひでのり 出演:福士蒼汰、羽野晶紀、粟根まこと □ 「カチカチ山」 原作:太宰治「お伽草紙」新潮文庫版より 脚色:青木豪 演出:いのうえひでのり 出演:宮野真守、井上小百合 (c)2020『浦島さん』『カチカチ山』

【関連記事】