Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

柴咲コウ、5年ぶり民放連ドラ主演 “35歳の少女”演じる「自然と感情が揺れ動きました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 女優の柴咲コウが、10月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)で同局『〇〇妻』(2015年1月期)以来、5年ぶりに民放連ドラに主演することがわかった。人気ドラマ『家政婦のミタ』『同期のサクラ』の制作チームが集結し、『〇〇妻』の遊川和彦氏が脚本を手掛ける。 【写真】紫のシースルー衣装を身にまとう柴咲コウ  物語の舞台は1995年と2020年。明らかになったキャッチコピーは『25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった―』。柴咲が演じるのは、“35歳の少女”今村望美。物語の内容は、短い一文以外発表されておらず不可解なタイトルは、何を表現しているか。  出演決定に対して柴咲は「等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです」とコメント。「1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。望美が、望美の周りの人達がどうなっていくのか、毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています」と期待に胸を膨らませる。  柴咲と5年ぶりにタッグを組む遊川氏は「35歳の少女という難役にチャレンジするコウさんの勇気と覚悟に応えられるよう、魂こめて物語を書き上げたいと思います」と意気込みを明かす。  同じく『○○妻』を担当していた大平太プロデューサーは「まだ詳しい内容は、明らかにできませんが、キーワードは、『35歳、25年、10歳』です」と紹介。「毎回、遊川作品は、新しいことに挑戦してきましたが、今回も、驚く仕掛けがたくさん用意されています。『もの凄いスピードで成長していく人間の物語』を、楽しみにしていてください」とアピールしている。 ■主演 柴咲コウ コメント この度、主人公の「今村望美」を演じさせていただきます。 等身大の自分とは違う人物を演じられるのが楽しみです。 1話の台本を読み、自然と感情が揺れ動きました。 望美が、望美の周りの人達がどうなっていくのか、 毎回次の台本が届くのをワクワクしながら待っています。 脚本の遊川さん、プロデューサーの大平さんとは「〇〇妻」の時にご一緒しておりますが、 この作品では皆で奇たんなく意見を言い合ってより良い作品を作り上げていきたいです。 たくさんの方に見ていただき、皆様の心に残る作品になればうれしく存じます。

【関連記事】