Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【詳細解説】新型コロナウイルス感染症の情報は一体どこから入手していますか?電話・ネット意識調査 最新版

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

選挙ドットコムでは、4月11日(土)・12日(日)に日本国内の18歳以上の方を対象としたハイブリッド調査(電話調査とインターネット調査を同じ設問で同時に行う方式)による全国意識調査を実施しました。 電話調査(JX通信社と共同実施)では992件、インターネット調査(Gunosyリサーチを使用)では1,000件の有効回答を得ました。

新型コロナウイルス感染症の情報源は何ですか?

選挙ドットコムでは、4月度のハイブリッド意識調査で「普段、新型コロナウイルス感染症について、一番多く情報を得ているのはどこからですか?」という質問を設けました。今回はその結果について詳しく分析していきます。

ネット調査と電話調査を比較してみると・・・。

新型コロナウイルス感染症の情報源_全体普段、新型コロナウイルス感染症について、一番多く情報を得ているのは「テレビ」が53.5%、「新聞」が5.4%、「ラジオ」が1.7%、「ネット記事・ニュースアプリ」が32.5%、「SNS」が4.1%、「家族・友人・知人の話」が0.8%、「自治体からの公報」が0.9%でした。また、「コロナ関連の情報は入らないようにしている」は1.2%でした。

ネット調査と電話調査の比較は以上の図の通りです。 ネット調査では「テレビ」が46.7%、「新聞」が2.5%、「ラジオ」が0.9%、「ネット記事・ニュースアプリ」が40.2%、「SNS」が5.4%、「家族・友人・知人の話」が1.0%、「自治体からの公報」が1.2%でした。また、「コロナ関連の情報は入らないようにしている」が2.1%でした。

電話調査では「テレビ」が60.4%、「新聞」が8.3%、「ラジオ」が2.5%、「ネット記事・ニュースアプリ」が24.8%、「SNS」が2.7%、「家族・友人・知人の話」が0.6%、「自治体からの公報」が0.5%でした。また、「コロナ関連の情報は入らないようにしている」が0.2%でした。 どちらの調査でも「テレビ」が最も多くなりました。

一方で、ネット調査では「ネット記事・ニュースアプリ」が「テレビ」とほぼ互角の割合です。電話調査では「テレビ」が「ネット記事・ニュースアプリ」を大きく上回っています。 その他にも、ネット調査では電話調査よりも「SNS」の割合が多く、電話調査ではネット調査よりも「新聞」の割合が多くなっています。 これらは、ネット調査と電話調査の回答者の年代が関係していると推察しています。

【関連記事】