Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

懐かしいSimpleという靴。 クラウドファンディングで復活していたの知ってました?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

90年代のストリートファッションを楽しんだ世代には懐かしい名前「Simple(シンプル)」。当時ファッションに敏感なスケーターたちから人気に火がついたスニーカーブランドだ。このほどクラウドファンディングによって復刻販売が開始された。その注目のラインナップを紹介しよう!

生き方もファッションも“Simple”がいいんです。

アメリカ西海岸のスケートボードカルチャーを背景に、ブランド創業者であるエリック・メイヤーがカジュアルスニーカーブランド の“Simple”を‘91年にカリフォ ルニアで立ち上げた。ブランド名となったシンプルという言葉には「単純な」という意味のほかに「もったいぶらない」、「気取らない」、「自然に」という意味も持っているそうだ。 ‘90年代初頭は、様々なスニーカーブランドが最先端のフォルムや機能性を持つ、ハイテクデザインに特化し始める。しかしエリックはその加熱するハイテクデザイン競争に疑問を持つ。それは靴をトレンドに流されてデザインするのではなく、ブランドらしいフィロソフィーを落とし込むというもの。 そこでエリックはブランド名の通り「“もったいぶらず”にもっと“自然”で、そして“気取らない”」という、Simple (単純な)アイデアを具現化させたモデルを発表する。

その代表モデルは、1994年に販売されたO.S.スニーカー。 モデル名にある「O.S.」はOld Schoolの略称で、「伝統的な意匠を持ち、次世代に継承すべきもの」という意味。オーセンティックなデザインを持ち、激しいスケートボードの動きにも耐える機能性も備わり、当時ファッションに敏感なスケーターたちから人気を集め、その熱量は世界中へと伝播していった。 そして2015年に米国の「Kickstarter」にてSimpleの代表モデルであったO.S.スニーカーが復活。2020年には日本クラウドファンディング「Makuake」にて、当時のヌケ感そのままに復刻販売が開始されたのだ。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ