Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平、復帰初戦の3号ソロに指揮官驚愕 「私が見た中で過去最高のスイング」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

右腕を痛めて以来、初の打者出場、第1打席でいきなり結果「非常に高い集中力」

■エンゼルス 6-1 マリナーズ(日本時間7日・シアトル)  エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に「4番・DH」で先発出場し、第1打席で左翼席へ先制3号ソロを放った。高々と舞い上がった“ムーンショット”に、ジョー・マドン監督は「今季見た中で最も力強いスイングだった」と絶賛した。 【動画】右前腕負傷の影響はないのか!? 復帰後初打席で即結果 逆方向へ運んだ大谷翔平の豪快3号ソロ  メジャーきっての知将も驚くスイングだった。2回先頭で打席に立った大谷は、1ボールから右腕ウォーカーの2球目外角カーブをバットで捉えた。左翼へ放たれた大飛球は、そのままフェンスを越えてスタンドイン。打球速度102マイル(約164.1キロ)、飛距離351フィート(約106.9メートル)、打球角度39度の“ムーンショット”で先制点をもたらした。指揮官は「私が直接見た彼のスイングの中では、過去最高のスイングだった」と手放しで称えた。  大谷は2日(同3日)アストロズ戦に登板後、右屈曲回内筋群の損傷と診断され、4日(同5日)からのマリナーズ戦は2戦連続でベンチから戦況を見守った。7月31日(同8月1日)以来5試合ぶりに打者として戦列に戻った大谷が、いきなり放った先制アーチ。マドン監督は「今、進んでいるこの道をキープし続けることはできないものかと思っている。彼は非常に高い集中力を持ってやるべきことに臨んでいる」と、打者・大谷の好調が続くことを願った。

Full-Count編集部

【関連記事】