Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クイーン+アダム・ランバート、初のライヴ・アルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』を発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 クイーン+アダム・ランバートは、初のライヴ・アルバム『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』(CD UICY-15939 2,500円 + 税 / CD+DVD UICY-15937 5,500円 + 税 / CD+Blu-ray UICY-15938 6,000円 + 税)を10月2日(金)に全世界同時発売します。収録曲は全20曲。オーストラリア・シドニーで2020年2月に開催された森林火災復興支援チャリティ・コンサート〈ファイア・ファイト・オーストラリア〉で披露された、1985年の〈LIVE AID〉のセットリストを再現した22分におよぶパフォーマンスすべてや、〈SUMMER SONIC〉〈Rock in Rio〉〈The Isle of Wight Festival〉といったフェス、全英・北米ツアーから厳選された音源が収録されています。  DVDとBlu-rayには、ロジャー・テイラーが同じくドラマーの息子ルーファス・テイラーと共演した「ドラム・バトル」や、ブライアン・メイによる10分間の「ザ・ギター・ソロ(地平線の彼方へ)」といったパフォーマンス映像が追加収録されています。  このライヴ・アルバムについて、クイーンのギタリスト、ブライアン・メイは「恐るべきウイルスという敵に世界が支配されている状況下で、ライヴ・ショウを製作するという難題に取り組む中、過去7年間にわたり我らが兄弟アダム・ランバートと共に行ってきたクイーンのショウから厳選したライヴ・ハイライト集を制作するなら、今が完璧なタイミングだと思ったんだ」「今回が初めてなんだよ!ここに収録されている曲を観たり聴いたりした皆さんは、僕たちと一緒に世界中を旅して回り、完全なヴァーチャル・ライヴ・セットを体験することになる。このライヴ・コレクションのクライマックスは、今年初めにシドニーで開催された森林火災復興支援チャリティ・コンサート〈ファイア・ファイト・オーストラリア〉で〈ライヴ・エイド〉時のクイーンのセットをフルで再現した時の模様だね。あれは大義のもとに行われた歴史的イベントで、1985年のオリジナルの〈ライヴ・エイド〉以来、恐らく最高レベルのアドレナリンが放出されたと思う。あの唯一無二の瞬間を、全世界の皆さんと共有できることを特に嬉しく思っているよ」とコメント。  アダム・ランバートも「今年はツアー出来ないことになったから、その代わりになる何かをファンに届けたいと思ったんだ。そしてライヴ・アルバムは、正にうってつけだと感じた。クイーン+アダム・ランバートとして一緒にアルバムをリリースするのは初めてだし、過去7年間のパフォーマンスの中からお気に入りを選び出してまとめるのは、とても楽しかったよ」と語っています。

【関連記事】