Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【特集】コロナで”異例の年”だからこそ…6月に「特別な入学式」を 奮闘する小学校の教師たち

配信

関西テレビ

長い休校、その後の分散登校などを経て、6月にやっと授業が始まった小学校。 新型コロナウイルスで、何もかもが「異例」となった年の新一年生のために、大阪のある小学校で、特別な「入学式」が開かれました。

今年だからこその晴れ舞台と、その裏側を取材しました。

6月にようやく…初めてランドセルでの登校

【小学1年・高橋仁太くん】 「いってきまーす」 ――Q:ランドセルはどう? 「うれしい。かっこいいから」

小学1年生の高橋仁太くん(7)。 6月1日、初めてランドセルで登校できました。

やっと始まった小学校生活。 【小学1年・高橋仁太くん】 「めがでてる」

5月の登校日に植えた朝顔に、もう小さな葉っぱが生えていました。

仁太君が楽しみにしていた学校生活。 先生たちにとっては、挑戦が始まった日でもありました。 この4日前、再開に向けて先生たちが集まっていました。

職員会議では感染防止のための具体的な方法に関して、先生たちからも疑問や質問が出ていました。

【宮河直子先生】 「アルコール消毒までやらせないといけないですか?給食前は?」 【保健室の先生】 「アレルギーとか、肌が弱い子がたくさんいるので、手洗いをしっかりするというだけでいきたいと思っています」 もちろん「感染防止」以外にも気をつけないといけないことはたくさんあります。そんな例年以上の緊張感が漂う中、校長先生が1つだけ約束を作りました。

【竹内幸延校長】 「登校しづらい子供、ついつい休校中のギャップに悩む子も出てくると思いますので、せかさない、ゆるゆるとやっていきませんか」

休校明けの教室は…連日ドタバタ

長い間、自宅で”充電”し続けていた子どもたち。 そのパワーは先生の想像を超えていました。 【宮河直子先生】 「ランドセルがなくなった!?今日持ってきた!?」 まだ慣れないせいか…『ランドセル紛失事件』が発生。 また、学校の再開当初は「密」を避けるためクラスも分散。教室も分けて「理科室」などでも授業を行っていましたが…。

【関連記事】