Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「TwitterのRTで著作権侵害」最高裁判断は「日本のITをガラパゴス化する判決」と紀藤弁護士

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ツイッターのタイムラインに流れてきた写真をリツイート(RT)したら、著作権を侵害する可能性がある……そんな判断を最高裁が下した。 【全画像をみる】「TwitterのRTで著作権侵害」最高裁判断は「日本のITをガラパゴス化する判決」と紀藤弁護士 自身の撮影した写真が無断で使われたツイートがRTされたことで著作権と著作者人格権が侵害されたとして、プロの写真家がTwitter社に発信者情報の開示を求めた民事裁判で、最高裁第3小法廷は発信者情報の開示を命じた2審の知財高裁判決を支持。Twitter社による上告を棄却し、判決が確定した。 最高裁は、ツイッターの仕様であっても著作権表示が見えない状態のツイートをRTすることは、著作者の氏名表示権の侵害にあたる、との判断を示した。 ツイッターの仕様に従ってリツイートしたユーザーに、一定の責任を迫る判断と言えそうだ。著作権に詳しい紀藤正樹弁護士は今回の判例が日本のユーザーに「萎縮効果」をもたらす懸念があり、日本のITをガラパゴス化させる判決だと警鐘を鳴らす。

「TwitterのRTで著作権侵害」の衝撃

まずは簡単に、この裁判の経緯を振り返っておこう。今回の裁判を起こしたのは、北海道在住の写真家。この写真家は、以下の(1)~(3)のツイッターユーザーの情報開示をTwitter社に求めていた。 (1) 自身が撮影し、クレジットを付けてサイトに掲載した写真を無許可でTwitterのプロフィール画像に設定したTwitterユーザー (2) 1の画像をコピーしてツイートしたユーザー (3) 2のツイートをRTしたユーザー (1)・(2)のユーザーは写真家の公衆送信権を侵害しており、2審(知財高裁判決)でも争いのない「事実」として認定された。 問題となったのは(3)の「ツイートをRTしたユーザー」についての訴えだ。 2審の知財高裁はRTしたユーザーを「自動公衆送信の主体」とは認めず、幇助とも認定しなかった。 一方で(3)のツイートをRTしたユーザーは著作者人格権(同一性保持権、氏名表示権)を侵害したと認定。発信者情報の開示をTwitter社に命じた。 権利者である写真家は、画像に「(C)」を付けて、自分の名前を著作権者として書き込んでいた。しかし、ツイッターの仕様ではタイムライン上に表示される画像は自動的にトリミングされてしまう。 画像全体を表示するにはツイートか画像をクリックして表示する必要があった。 この仕様の結果、「タイムライン上では画像全体が表示されない」という状態が発生し、写真家の著作権表示もタイムライン上に表示される画像から消えていたことになる。 こうしたツイッターの仕様を踏まえた上で、知財高裁は「RTしたユーザーのTL上で著作権表示がされていなかったことは、氏名表示権の侵害である」と判断した。 この判決を不服としてTwitter社は最高裁に上告。ここまでが今回の裁判の経緯だ。 最高裁判決では、知財高裁の判決のうち「氏名表示権」についてのみを判断している。 氏名表示権とは、「自分の著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、するとすれば、実名か変名かを決めることができる権利」(公益社団法人著作権情報センター)とされている 最高裁は、ツイッターの仕様であっても、またRTしたユーザーの認識がどのようなものであったとしても、画像の著作者名が表示されない状態でタイムラインで表示されたのは「ユーザーのRTの結果である」と認定。 Twitter社側は、画像をクリックするなどすれば全体が表示され、著作者名も確認できたと主張した。 これに対して最高裁は、ツイッターの閲覧者がいつも画像をクリックして画像全体を表示するとは限らないとして、「RTする際に、Twitterの仕様で著作者表示が見えなくなる場合は、RTしたユーザーは著作権侵害(氏名表示権)の行為者になる」とした。

【関連記事】