Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レジ袋有料化の「抜け道」…無料で配れる「バイオマス素材は環境によい」の“大きな誤解”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
文春オンライン

 コロナ禍で訪ねられない母のオンライン誕生日会のため、自宅近くのおいしい洋菓子店へタルトとゼリーとムースを買いに行ったときのこと。これまでどおりレジ袋に入れてくれた。お総菜の店でも、私がボーッとしているうちに、やはり無料のレジ袋に。またやっちまった……。黙っていてはいけないのだ。その店がレジ袋を無料配布するかどうかを見極めて、すばやく「レジ袋はいりません」と声を出さなくては。その習慣がまだ身に着いていない。 【画像】一目で分かる「バイオマスプラスチック」と「生分解性プラスチック」

「バイオマス素材を25%以上使ったレジ袋は無料配布可」

 身近なプラスチックごみの削減を目指し、この7月からレジ袋が有料化された。レジ袋は「ください」「買います」と言わなければもらえない生活になるのかと思ったが、案外そうでもない。国が定めた有料化ルールの抜け道が、しっかり生きている。  洋菓子店のレジ袋には「植物性プラスチックが25%以上使用されています」と書かれている。総菜店のレジ袋には「サトウキビ由来の植物プラスチックを25%使用しています」。いずれも一般社団法人「日本有機資源協会」が認定したクローバー模様の「バイオマスマーク」が、「25」という数字つきでプリントしてある。  これは、国のルールが認めた「バイオマス素材を25%以上使ったレジ袋は無料配布可」という例外規定を使ったものだ。バイオマスマークの「25」は、バイオマス素材の含有率が25%以上30%未満という意味だ。だから、無料配布しても、もちろん脱法行為ではない。

セイコーマート、吉野屋、松屋は無料配布

 コンビニにしても、セブン‐イレブンやファミリーマート、ローソンなどは有料化したが、セイコーマートは6月末、バイオマス素材を30%含むレジ袋に切り替えて当面は無料配布を続けると発表。私の自宅近くでは牛丼チェーンの吉野家や松屋も無料配布を続けている。バイオマス素材を25%以上含むレジ袋にしたうえで有料化している例もあるので、そのあたりは企業の姿勢によるのだろう。

「レジ袋有料化ルール」3つの抜け道

 国が定めたレジ袋有料化のルールには、三つの抜け道が用意されている。一つは、厚さが0.05ミリメートル以上のもの。使い捨てではなく繰り返し利用できるという理由だ。二つめは、ごみとなって海に流れ込んでも自然に分解されて消滅する「海洋生分解性プラスチック」だけでできているもの。そしてもう一つが、バイオマス素材が重さにして25%以上含まれているものだ。  この「バイオマス素材」がわかりにくい。「生物」を意味する「バイオ」は、困ったことに、「環境によい」というプラスイメージを与える魔法の言葉としてよく使われる。バイオマス素材を含むレジ袋なら、国も無料配布でよいといっているし、プラごみの削減にも役立つのではないか。そんな誤解まで生みそうだ。

【関連記事】