Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米UDC、有機EL成膜装置の子会社を設立

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

 有機EL用燐光発光材料メーカーの米ユニバーサルディスプレイコーポレーション(UDC、米ニュージャージー州)は、開発してきた有機蒸気ジェット印刷技術「OVJP(Organic Vapor Jet Printing)」を事業化するため、100%出資子会社「OVJP Corporation」を設立すると発表した。4K/8Kといった高精細の大型テレビ用有機ELパネルの製造装置として実用化を目指していく。  OVJP社はカリフォルニア州シリコンバレーに本拠を構え、CEOにはFPD(Flat Panel Display)検査装置メーカーの米フォトンダイナミックス(2008年にオルボテックが買収)で25年以上にわたって装置の大型化などを手がけた経験を持つJeff Hawthorne氏が就任する。

現在は真空蒸着とインクジェットが候補技術

 テレビ用の大型有機ELパネルの製造では、有機ELの発光層を形成する技術として、(1)オープンマスクを用いた真空蒸着、(2)インク状の発光材料を用いたインクジェット印刷技術がある。  (1)は、現在世界で唯一、テレビ用有機ELパネルを量産している韓国LGディスプレー(LGD)が採用している。赤や青の発光層、これらに電子を供給する輸送層などを縦方向に複数積層するWOLED構造を作り込むために真空蒸着装置が使われている。  (2)は、インクジェットプリンターと同様の印刷技術。日本のJOLEDが5.5世代(1300×1500mm)ガラス基板を用いた量産ラインを石川県能美市に整備し、モニター用などの中型有機ELパネルを量産しているが、テレビ用大型パネルの量産技術としては研究開発の段階にある。ちなみに、インクジェット印刷装置メーカーとしては、JOLEDが量産ラインに採用しているパナソニック プロダクションエンジニアリング、LGDや台湾AUOなどに納入実績がある東京エレクトロン、有機EL薄膜封止技術に実績を持つ米Kateevaが供給している。

【関連記事】

最終更新:
LIMO