Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“迷采配”が目立つ今季――野村克也は負け試合のほうが饒舌だった/球界の論点

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

物議をかもす監督の采配

 巨人の原辰徳監督が7月14日の広島戦(マツダ広島)で、長嶋茂雄を抜く球団単独2位の監督通算1035勝目を挙げた。1位は“神様”川上哲治の1066勝。数字の単純比較はできないが、原監督が今年のペナントレースを引っ張っているのに一役買っているのは紛れもない事実だ。指揮官の采配はどれだけ勝負に影響するのか。原監督の功績はベンチワークがクローズアップされるきっかけとなったが、プロ野球ではここのところ物議を醸す「迷采配」が目立つ。 偉大なる野球人・野村克也さんが球界に遺したもの  中日の与田剛監督が迷走している。7月7日のナゴヤドームでのヤクルト戦。1点を追う延長10回、二死満塁から八番に入っていた投手の岡田俊哉の代打として、同じく投手の三ツ間卓也を打席に送った。三ツ間はファウルで粘るなど必死で食い下がったが、最後は空振り三振。逆転サヨナラ勝ちの絶好機を逃し、無念のゲームセットに向かった。  与田監督は9回終了後、八番のライデル・マルティネス投手を岡田に、九番のアリエル・マルティネス捕手を加藤匠馬捕手にそれぞれ交代。打力が望めない投手を野手の前に置くという、最終局面を迎えるにしてはあり得ない打順で臨んでいる。序盤から積極的に動いたため、ベンチには野手の交代要員は一人もいない。コロナの特例措置で一軍選手枠が広がって空きがあったにもかかわらず補充していないという“ボーンヘッド”も大きく響き、土壇場でのチャンスの芽を摘んだ。与田監督は「そういうことも含め、すべては監督の責任」と多重ミスを認めた。  就任5年目を迎えたDeNAのアレックス・ラミレス監督の采配もさえない。19日の横浜スタジアムでの巨人戦。1点リードの9回から守護神・山崎康晃を投入したが、同点とされるとあっさりと国吉佑樹にスイッチ。国吉は岡本和真に決勝2ランを浴びた。  この日の2回一死一塁の場面では、打席に入った投手の平良拳太郎にセオリーである送りバントのサインは出さず、平良は右飛に終わっている。ラミレス監督は「ランエンドヒットを考えたけど、そのサインを平良が知っているかどうか確信が持てなかった。だからそのまま打たせることになった」と説明。現役時代から綿密なデータ野球を信条とする指揮官だけにそれなりの根拠はあっただろうが、誰もが首をかしげる出来事だった。

【関連記事】