Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【新連載】柴田理恵のきもの遊び 「日日是“笑”日」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
家庭画報.com

日日是“笑”日(にちにちこれしょうじつ)

女優の柴田理恵さんが綴るきもの日記。きもののリメイク術から、愛犬との心温まる暮らし、得意の料理など、笑顔あふれる日常をお送りします。

長月~私のきものはじめ、リメイクの喜び

皆さま、初めまして柴田理恵です。現在発売中の『きものSalon 2020-21秋冬号』の巻頭特集「わたしのきもの愛」の取材がご縁となり、今月から、きものを軸に私のライフスタイルを綴らせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。 「笑う門には福来る」と言いますが、「楽しいから笑うのでなく、笑うから楽しくなる」というのが私のモットー。毎日面白いことばかりが転がっているわけではないからこそ、まず笑ってさえいれば日々は好日に変わっていく……。そんな思いをタイトルに込めました。 もちろん、「きもの」も私を笑顔にすることの一つ。というのも、私のきものの大半は、母や祖母をはじめ、母方の伯母から譲られたもの。母は5人姉妹でしたので、何竿(さお)ものきもの箪笥が残されています。昭和初期から現代に至るまで、それぞれの“女の一生”がぎっしり詰まった箪笥です。 今もそうですが、どの時代にもきものを誂えるということは、大なり小なりの思い入れがあったと思います。実は、私もきものに関心を持つまでは見向きもしなかったのですが、自分がきものを着るようになり、母たちの箪笥と向き合うと、どんなきものも帯も、端裂(はぎれ)ひとつをとっても「できるだけ残したい」という気持ちが湧いてきました。 工夫を凝らして受け継いだきものをまとうと、物に込められた思いが伝わり、自然と笑みがこぼれます。きものが運んでくれる幸せな気分を、皆さまにも感じていただければ一層の喜びです。

海外旅行がきっかけで、きものの道へ

私がきものを「ちゃんと自分で着られるようにないたい!」と思うようになったのは、約20年前のこと。旅行で韓国を訪れた時のことです。ご飯を食べに入った韓国料理店で、美しいチマチョゴリ姿の女主人におもてなしを受けました。 「民族衣装って、その国の女性を本当に美しく見せるものだな」と思ったら、「日本人は、やっぱりきものだ!」と急にスイッチが入りました(笑)。

【関連記事】