Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優・歌手の三浦透子…野田洋次郎、森山直太朗参加の初アルバムへの想い「化学反応を起こしたかった」

配信

TOKYO FM+

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。5月27日(水)の放送は、女優・歌手の三浦透子さんが登場。同日にリリースした、初めてのオリジナルアルバムの制作秘話を教えてくれました。

坂本:5月27日(水)は、三浦さんにとって初めてのオリジナルアルバムのリリース日です。おめでとうございます。 三浦:ありがとうございます。『ASTERISK(アスタリスク)』というタイトルのアルバムをリリースさせていただきます。 坂本:アスタリスクとは、どういう意味なんですか? 三浦:星のような形の、記号のアスタリスク(*)です。アスタリスクはプログラミングで、掛け算記号として使われるんです。「掛け算」というのが今回のアルバムのコンセプトにぴったりだなと思って、このタイトルをつけました。 (野田洋次郎さんや森山直太朗さんら)7組のアーティストさんに楽曲提供をしていただいていて、いいコラボレーションにしたいという思いと、掛け合わさって増えていく感じというか……。“自分もしっかり関わるぞ”という意思表示でもありますね。 坂本:いろいろな化学反応が起きたんですね。 三浦:起こしたいな、という気持ちでつけました(笑)。 (中略) 坂本:アルバムに収録されている森山直太朗さんが提供された曲「uzu」は、歌詞がないので聴いたときに“おっ!?”って思ったんです。 三浦:この「uzu」という曲は「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」という映画のテーマ曲なんです。この映画を初めて観たときに、ムヒカさんの言葉がすごく強く感じて、映画を観たあとにその言葉の余韻を邪魔しない音楽にしたい、と森山さんや監督と話し合い、意見が合致しました。 だったら言葉を音楽に乗せるのではなく、音を楽しんでもらえるような音楽にしようということで、歌詞のない曲になりました。 坂本:これはドキュメンタリー映画なんですけど、それだけ内容が強い映画なんですね。今は公開延期中ですけど、楽しみですね。 三浦:早く観ていただきたいですね。この音楽は映画を観ていただいたあとで完成するな、という気持ちもあるので。 坂本:でも、これをアルバムの1曲目に持ってくるのもすごく面白い演出だな、と思います。 三浦:曲順は自分で考えさせていただいたんですけど、自分の制作チームの人たちはみんなこの曲を最後に持ってきたんですね。でも、このアルバムはこの曲からレコーディングが始まったんですよ。なので、私のなかでは始まりの曲という印象もあって、1曲目にしました。 坂本:レコーディングのときは、直太朗さんは同席していたんですか? 三浦:はい、一緒に。歌詞がない曲だということと、アルバムの初めてのレコーディングということで、実は当日は“お試しの日”だったんです。「ちょっと試しに歌ってみようか」って日だったんですけど、声を入れている間に「今日の新鮮なものは入れるべきなんじゃないか」って、その場にいる全員の感覚が一致して、お試しのはずが本番のレコーディングになってしまいました。みんなが同じ方向を向いた瞬間というのが、すごく気持ちよかったですね。 坂本:それこそ、掛け算が起こったんですね。 三浦透子さんのアルバム『ASTERISK』は、現在発売中です。詳細は公式サイトをご覧ください。 (TOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」5月27日(水)放送より)

【関連記事】